無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

#0
「夕方」
「鈴の部屋」
鈴.
鈴.
……。
かなの.
かなの.
(ずっと勉強してる…。)
こんな子、笑わすのなんて簡単だと思ってた
かなの.
かなの.
鈴~
鈴.
鈴.
何?
かなの.
かなの.
笑ってみて!
笑っているつもりなのか、
まるで表情筋がないようだ。
どうしたら、笑ってくれるかな……。