無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
693
2020/06/03

第6話

episode6
〘紫耀side〙


「頼むから、、1人は寂しいでしょ?」

そこから数十秒たった時

信じられる何かを
見つけてくれたのか



こくん



細い首が縦に振られた



っしゃあぁぁぁぁぁぁぁ!

叫びたくなる気持ちを必死に隠し
彼女の肩からずり落ちてしまっていたコートを
ちゃんと着せてやり

「ん。」


背中を向けてしゃがむ

顔を見なくても戸惑っているのがわかる彼女に

「その足で歩かせないから、


それともお姫様抱っこがいいの?」

試すように

少しふりかえってそういう俺に


慌てたように近寄ってきて
そっとためらいながら
俺の肩に手を置く彼女が

………………小動物のようで可愛いなと思ってしまう。

逃げていかないうちに

「よっと、」

背中に抱える。

視線が高くなり不安定なのが怖いのか

きゅっと俺の首に細い腕を
巻き付けるのを感じて



この子を守りたい




そう思った。