無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第23話

22
担任の先生
担任の先生
じゃあ台本を配る。最初は棒読みでもいいから読んでみてくれ!
マサイ
マサイ
へーい


マサイさん余裕そうだなぁ…笑





変なの台本に入ってないといいけど…
あなた
あなた
…ん?
マサイ
マサイ
どうした?あなた
あなた
あなた
あ、いや


私が見ていた所には、


王子が膝つき、ガラスの靴を履かせるという場所だった。
あなた
あなた
(ちょっとまて、)
あなた
あなた
(これは…やばいぞ…)


どうしてかって?





そりゃぁ…





マサイさんが格好いいからですよ…。



こんなのされたら、誰だってキュンキュンするでしょ…



これ、私大丈夫かな。




そんな心配で、頭をぐるぐるさせていると…
担任の先生
担任の先生
じゃあ、最初の部分だけやってみるぞ
担任の先生
担任の先生
星宮はそっちから出てきてくれ。
あなた
あなた
はい…
担任の先生
担任の先生
マサイから、
マサイ
マサイ
りょーかい


さっそく劇の練習が始まった。
男子
王子様!どこにいくのですか!


え?なに?上手くね?
マサイ
マサイ
とても綺麗な方に会ったんです。
マサイ
マサイ
私にはあの方しかいない!(真顔)
あなた
あなた
(超真顔じゃん…)
マサイ
マサイ
あ…!
マサイ
マサイ
名前だけでも…


えーっと…
あなた
あなた
…ごめんなさい、またどこかで…
担任の先生
担任の先生
ここまでだ。
担任の先生
担任の先生
凄いじゃないか星宮!
あなた
あなた
あ、あはは…


緊張した…笑



今日に戻ろうとした時…



マサイさんが耳元で、

マサイ
マサイ
すげーじゃん。


とだけ残して、行ってしまった。
あなた
あなた
え?


突然のことだったので、あまり気にしなかったが




今思うと物凄く、恥ずかしい。
あなた
あなた
…ボーッ
担任の先生
担任の先生
星宮?もう教室に戻れ。
あなた
あなた
あ、はい



私も戻ろうと思い、





ふと、時計を見ると





3時を指していた。



そういえば、梨々香に呼び出しされてたんだっけ。



早く行かないとなぁ…
あなた
あなた
…よし、いこ

~裏庭~
梨々香
梨々香
あぁ~♥️あなたちゃぁん!
梨々香
梨々香
来てくれたんだ~?


そりゃ呼ばれましたから…
あなた
あなた
…それで、ここに呼んだ理由は?
梨々香
梨々香
えー?わかんなぁい?


予想はできるけど…



そう油断していると、腹を「殴られそう」になった。
梨々香
梨々香
…っえ!?
???
…なーにしてんの
あなた
あなた
え?


恐る恐る、顔を上にあげると…




そこには…。









作者
作者
っていうとこで切ります。笑
作者
作者
ただの宣伝なんですが、【短編集ё】という小説を始めました!
作者
作者
見てくれると嬉しいです(*´・ω・`)b
作者
作者
じゃねばい!←ぴくとさんの真似



次回_誰?