無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第29話

28
あなた
あなた
コーラ…美味しいです
はじめ
はじめ
良かったーw
はじめ
はじめ
炭酸嫌いだったらどうしようかと。


あ…心配させちゃったかな、?

あなた
あなた
す、すみません…。
はじめ
はじめ
謝るな~笑
あなた
あなた
謝るなと言われても…w


はじめさんは一瞬ピクッとしたけれど、


すぐに笑顔に戻った。

あなた
あなた
…?
はじめ
はじめ
…どうかした?
あなた
あなた
あ、いえ


本当は凄く気になるけれど、


聞かない方が…いいかな?



ピーンポーンパーンポーン



放送がなった。

放送委員
今日は文化祭に来ていただき、ありがとうございます。
放送委員
11時30分から第一体育館で劇を行います。
放送委員
ご覧になりたい方は、お早めに体育館へ!


ピーンポーンパーンポーン


あなた
あなた
あ!


そうだ…シンデレラ…。

はじめ
はじめ
もしかして劇出るの?
あなた
あなた
は、はい…
はじめ
はじめ
早めに行ったほうがいいんじゃない??


はじめさんは、優しく背中を押してくれた。

はじめ
はじめ
頑張って!
あなた
あなた
…はい!
はじめ
はじめ
まあ見に行くけどw
あなた
あなた
…見つけますね。


思ったことを言ってしまった。

はじめ
はじめ
うん!ありがと!


本当は恥ずかしかったけれど、



はじめさんも応援してくれている。

だから、素直に
あなた
あなた
…ありがとう
はじめ
はじめ
…!い、いえいえ
あなた
あなた
では!


そう言って、私は駆け出した。


~第一体育館 舞台裏~

マサイ
マサイ
お、来た


そこには、王子の服を着たマサイさんがいた。


理由は、青が好きだから




…らしい






格好いい…。
担任の先生
担任の先生
あなたのはこっちだ
あなた
あなた
えっ?


私は何人かの女子に連れられて、


綺麗なドレスを着た。


映画の中から出てきたみたい…。


私には似合わないけどね、?

マサイ
マサイ
……


ほら、マサイさんも…


きっと思ってる。

マサイ
マサイ
青、お揃い


その言葉を聞いて、私の思考は停止した。


顔が少し赤くなっているのが自分でも分かる。

???
おーぉい
あなた
あなた
…?


そこに居たのは、モトキさん。


モトキさんも王子の服着ている。
あなた
あなた
(…いやいや!?)


なんで二人…??

担任の先生
担任の先生
モトキがいるのはもう一人の王子役だからだ
あなた
あなた
え?
担任の先生
担任の先生
少し話を変えて、王子が二人いる設定にした。


…ん?



聞いてない…けど、

嬉しいなんて思ったり?
モトキ
モトキ
っていうか、あなたちゃん似合ってる!
モトキ
モトキ
本物のシンデレラみたい


…あんな美人じゃないけどね。

  っていうか…モトキさんも格好いい…。

マサイさんの洋服の色違いを着ていて、

白色。

モトキ
モトキ
イメージカラー桃色なんだけどさw
モトキ
モトキ
さすがに恥ずいから…w
マサイ
マサイ
まあそりゃそうだ


マサイさんはクールで、しっかりしている感じ。


モトキさんは…白色で何処か可愛らしい。

担任の先生
担任の先生
じゃ、行ってこい!


先生の声と共に、


マサイさんと執事と言われる男子が




ステージに上がった__。




とうとう、私の出番。


緊張は物凄くする…



けど、

モトキさんがこちらを見て、

お い で

って。



行くしかなよねぇ…?
モトキ
モトキ
あ…、あなたは…!
マサイ
マサイ
あの時の…


…行こう。


海みたいに青いドレスの、


裾をつまんで。

全員
わぁ…!!!
女子
に、似合いすぎじゃない…!?
男子
惚れたかも…


声が沢山聞こえる。


でも、私の目の前に居るのは




二人の王子様。


服に付いた飾りが輝いて、とても綺麗…


王子様はガラスの靴を持ち、


私に履かせた。


そのガラスの靴は、


キラキラと輝く飾りよりも




何倍も


見とれるぐらいに輝いていた…。


次回_大成功