無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第39話

36


その後は凄く楽しかった


ぼーっとしてると、


シルクさんにまた言われちゃうか。

華奈
華奈
皆またねー
ザカオ
ザカオ
うん、ばいばい!


リア充アピールかな?






真顔で見ちゃいそうで怖いんだけど。←





自分を落ち着かせるために ふーっと息を吐いた。





…楽しかったな、って言えればいいんだけど。

ダーマ
ダーマ
おい、あいつに置いてがれるぞ
あなた
あなた
…!?あ、はい!
ダーマ
ダーマ
ん、じゃーな


しっしっと、追い払う感じに手を動かしてたけど




表情が緩んでいて また違うダーマさんがいた




心の隅でお礼を言いながら、笑いかけながら、華奈を追う。





2人でショッピングモールの外に出ると



空が 綺麗に茜色に染まっていた。


華奈
華奈
夕日まぶしっ!?w
あなた
あなた
ね、でも綺麗。


バス停のベンチで、先にいった華奈の隣に座る



空を見上げると 今日の出来事が浮かんでくるみたい。
華奈
華奈
また来れたらいいねー
あなた
あなた
うん


笑いあっていると、プシューと音をたてて バスが停まった




…明日みんなに会うのが 本当に待ち遠しい。




私は バスの中で ゆらゆらと揺られながら、密かに思った__。




めっちゃ飛んで、
~登校中~
華奈
華奈
あなた~今日は何かある!?
あなた
あなた
特に何も?
華奈
華奈
なら丁度いいや!


そう言って出してきたのは、華奈のスマホ



ロックを解除して 幻想的な とても美しい写真を見せてきた。



.


あなた
あなた
…わ、絵みたい!
華奈
華奈
だよね~✨
華奈
華奈
これさ、誰かに見せたくない?


私は 誰か、と聞いて___が思い浮かんだ。




華奈はそんな事を言って、何がしたいんだろう?


華奈
華奈
今さ!頭に浮かんだでしょ?
あなた
あなた
…んー、まあ



興味津々に華奈が 聞いてくるから、苦笑いしつつ答える。




本当に何の意味があるんだろう…。





怪しく思い始めた私は、じっと華奈の目を見つめてみた。
あなた
あなた
、、それで?
華奈
華奈
その人が~…
華奈
華奈
あなたの好きな人だよ。


にひひ、と笑ってる華奈とは 真逆に




突っ立ったまま ぽかーん としている私。




突然何を言い出すかと思ったら、恋に関係することだなんて…
華奈
華奈
1日平和な日には、何かなくちゃ!
華奈
華奈
と、思ってやってみたんだー



数秒間瞬きをして、固まっていたけど



あなた
あなた
なんだ…そんなことか…笑
華奈
華奈
失礼な!思いやりだよ!?w








「 好きな人が、あの人な訳ない。 」








そうやって言い聞かせても、心の奥で
















……ほんの少し 期待している 私がいる。




あなた
あなた
占いみたいなのでしょ?
華奈
華奈
まあね、でも何かあるかもじゃん





競争だーっ!と走り出す華奈を追いかけながら











あなた
あなた
(…本当だったら、いいな)





なんて、クスッと笑いながら 思う私だった 。




次回_?END