無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第16話

15


影斗達と別れた、私達は


羅衣が迎えに来るのを待っていた。

いつものふざけた会話をしていたが、


突然、華奈が静かになった。
あなた
あなた
…華奈?
華奈
華奈
……
あなた
あなた
…?

ずっと黙ったままの華奈。


さっきまでの楽しい空間は、


どこかへ行ってしまったようだ。
華奈
華奈
…あ、来たよあなた


目の前に羅衣が運転している、車が止まった。
羅亥
羅亥
あなたお嬢様、申し訳ありません。
あなた
あなた
いやいや、大丈夫だよ
あなた
あなた
華奈も乗せてって
羅亥
羅亥
かしこまりました。
華奈
華奈
…本当にいいの?
あなた
あなた
うん、もちろん


私達は車に乗り込んだ。


華奈はいつものテンションで、


「久しぶりだな~」とか、


「あなたの家早くいきたいよぉぉ」

とか、


本当に何があったんだろう?



あの時間に、華奈が何を考えていたんだろう?と
 
疑問で頭がいっぱいになっていると…
華奈
華奈
ね、ねぇ!
あなた
あなた
ん!?
華奈
華奈
きょ、今日さ!
あなた
あなた
うん?


何を言うんだろう?
華奈
華奈
家に泊まってもいいですか!?
あなた
あなた
え?
華奈
華奈
だ、だめ?


うるうるした瞳で見られて、


私は頷くことしかできなかった。
華奈
華奈
やったぁ!!
あなた
あなた
そんなに嬉しいのか…w
羅亥
羅亥
なら部屋の準備をしておきますね。
あなた
あなた
さすが完璧執事ぃ↑
羅亥
羅亥
…当然です
華奈
華奈
ありがとうあなた!
あなた
あなた
ううん、全然OKだよ!


あ、でも…


一真いるよね…??


大丈夫かな…


私が何かに悩んでいるのに気付いたようで、
華奈
華奈
あ!親は平気!
華奈
華奈
大丈夫だから!そこは心配しないで!


…天然か?


まあ気遣ってくれてるし…


揉めそうだったら私が止めればいっか。
あなた
あなた
え?家の人はいいって…
あなた
あなた
喧嘩でもした?
華奈
華奈
その…
華奈
華奈
私、独り暮らしなんだ…


その事を詳しく聞いていくと、


華奈のお母さんはストレスが原因で、


突然倒れてしまったらしい。


華奈の家は母子家庭で


お母さん一人で育ててくれた。


それが頭から離れなくて、


病院に行くのも、辛くなってしまったらしい。
あなた
あなた
…そうだったんだ。
あなた
あなた
ごめんね、話させて
華奈
華奈
聞いてくれただけで嬉しいよ…
羅亥
羅亥
…ずっとお嬢様と住めばいいのでは?
羅亥
羅亥
心が落ち着いたら、お見舞いに行くのが一番いいと思います。
あなた
あなた
華奈がいいならだけど、一緒に住む?
あなた
あなた
それなら、朝も二人で行けるし…
華奈
華奈
い、いいの?
華奈
華奈
迷惑じゃ…


華奈が困ってるんだから…
あなた
あなた
いいに決まってる!
あなた
あなた
っていうか来て下さいw
羅亥
羅亥
決まりですか?
華奈
華奈
いくら感謝してもしきれないよぉ…(  ;∀;)
あなた
あなた
よし!華奈の家寄って!
あなた
あなた
荷造りしてね笑
華奈
華奈
うん…!


こんな感じで私の家で華奈が住むことになった。
華奈
華奈
できたよ!
あなた
あなた
ん、じゃあいこ
あなた
あなた
一個もってあげる
華奈
華奈
え、いいの?
華奈
華奈
なら、お言葉に甘えてw
あなた
あなた
はいはいw
羅亥
羅亥
着きましたよ、お嬢様。
あなた
あなた
ありがとう羅衣
羅亥
羅亥
華奈様のお部屋をご用意してきます。
華奈
華奈
ありがとうございます…!
羅亥
羅亥
いえいえ
あなた
あなた
んー、なら私の部屋行こう
華奈
華奈
うん、わかった

~あなたの部屋~
華奈
華奈
広っ
華奈
華奈
久しぶりに来た~✨
あなた
あなた
ゆっくりしてていいよw


あなたの部屋はこんな感じ↓
華奈
華奈
さすが金持ちぃ↑
あなた
あなた
やめろw
華奈
華奈
えへへ~(*´∀`)


トントンッ(扉を叩く音)
あなた
あなた
どうぞ
羅亥
羅亥
失礼します。
羅亥
羅亥
ご用意できましたよ😃
あなた
あなた
ん、おけ
あなた
あなた
行く?華奈
華奈
華奈
行きますっ!
羅亥
羅亥
場所はお嬢様の近くですので、
羅亥
羅亥
何かありましたらお嬢様か、私にお聞きください。
華奈
華奈
はい
羅亥
羅亥
では、どうぞ(*´・∀・)つカチャ
華奈
華奈
わぁ…!!!


華奈の部屋は黄色をモチーフにした部屋だった。
あなた
あなた
華奈昔から黄色好きでしょ?
あなた
あなた
頼んどいた笑
華奈
華奈
うちには合わないぐらい可愛い


テンパるとうち呼びになる華奈ちゃん。


可愛い…w
羅亥
羅亥
気に入って貰えたなら良かったです
あなた
あなた
後でお風呂とか教えるね
華奈
華奈
あ、ありがとう!


華奈、あの時


すごく静かだったから心配だったけど…


これなら大丈夫かな…?
華奈
華奈
あなた?どうした?
あなた
あなた
何でもないw


そんなことを密かに思っていた


とても心配性な私でした…




次回_今までのまとめ