無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第10話

9
あの後華奈達と別れた私は
3年の一真のところへ行ってみることにした。
あなた
あなた
(…ここだっけ?)
そこには、3年1組とかいてある
あなた
あなた
確か…はじめさん?も、このクラス…
はじめ
はじめ
あれ?あなたちゃん??
…噂をすれば、か
あなた
あなた
あ…はじめさん
はじめ
はじめ
あ、名前覚えててくれたんだ!
はじめ
はじめ
嬉しいw
あなた
あなた
はじめさんこのクラスですか?

はじめさんは不思議そうに
はじめ
はじめ
うん、そうだよ
はじめ
はじめ
何かあった?
あなた
あなた
…星宮かz…
一真
一真
あなた?
あなた
あなた
(うえ、出た)
一真
一真
最初に俺のクラスに来てくれると思ったのに。
いやなんだお前←
はじめ
はじめ
あ、一真の妹?
はじめ
はじめ
前話してたよね!
あなた
あなた
(天使じゃん。)
思わず真顔になっていると…
一真
一真
それで?どうしたあなた💕
あなた
あなた
いや…その…
一真
一真
…もしかして
一真
一真
俺に会いたかったとか!?
あなた
あなた
違う。
はじめ
はじめ
即答w
あなた
あなた
そのぉ…華奈のこと…(小声)
一真
一真
…華奈か
一真
一真
わかった、家に帰ったら話す
…聞きたくないけど
しょうがない…!
あなた
あなた
ありがとう一真
一真
一真
ねぇお兄ちゃんって呼んでって
一真
一真
言ってるじゃん!
はじめ
はじめ
仲良いからいいじゃんw
はじめさん面倒見よさそう…
この人がお兄ちゃんがよかったなんて
言えないけどw
あなた
あなた
じゃあ私は戻るね
あなた
あなた
はじめさん、ありがとうございました
はじめ
はじめ
いやいや、全然平気!
はじめ
はじめ
またねあなたちゃん(*´∇`*)
一真
一真
ん、そっかまたなあなた
あなた
あなた
うん

私はすぐに教室へ戻れると思っていた。
だが…
現実はそう上手くいかない
???
捕まえた
あなた
あなた
え?
後ろに振り向くとそこには
あの4人組、「アバンティーズ」がいた
あなた
あなた
(うわぁぁぁぁ一番会っちゃいけないやつやんんんん)
ツリメ
ツリメ
どうしたの?(-ω- ?)
そんな純粋に聞かないで
エイジ
エイジ
まあ連れてくぞ。
あなた
あなた
え…?
リクヲ
リクヲ
…ごめんねあなたちゃん
リクヲさんが耳元で呟いた
…何か知ってるなら助けてよ
そらちぃ
そらちぃ
行くよー!あなたちゃんちょっと我慢しててね
あなた
あなた
!?

その瞬間、そらちぃさんに
お姫様だっこをされた
あなた
あなた
え!?!?
私はえ?しか言えない。
そらちぃ
そらちぃ
うっわかるっ!
そらちぃ
そらちぃ
ちゃんと食ってる?
ツリメ
ツリメ
食べてるんじゃない?w
エイジ
エイジ
はよしろ
リクヲ
リクヲ
う、うん…
凄い速さで廊下を走っていく
あなた
あなた
(ちょっと待てどういう状況?)
普通の女子なら、
こんなかっこいい人にお姫様だっこされたら
嬉しいんだろうな…

それなのに、意外と冷静な自分が怖かった。
あなた
あなた
あ…あの
エイジ
エイジ
んあ?
あなた
あなた
どこに私は…
エイジ
エイジ
…黙っとけ
あなた
あなた
えぇ…
一つの扉の前でそらちぃさんは止まった。
そらちぃ
そらちぃ
ここー!
ツリメ
ツリメ
じゃ、行こ笑
私はその部屋に連れていかれた
ガチャ(扉が開く音)
全員
おっせぇよ。
エイジ
エイジ
すんませーん
そこにいたのは…
私が一番会いたくなかった、
「あの」人達だった…
あなた
あなた
(…は?)


私はどうなるんだろう…?

次回_的にされた私。