無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第31話

29


劇は沢山の拍手と共に終わった。


シンデレラの役になれて良かった!


そう、心から思った。
影斗
影斗
あなた先輩!凄かったっす!!
あなた
あなた
あ、影斗…
華奈
華奈
まじ本物みたいだったよぉぉ
あなた
あなた
笑笑


そう言ってくれるのは嬉しい。


でも、華奈の




あの笑顔


私の前ではあんなに笑わない。笑ったことがない。


ザカオさんには笑う…。




複雑だけれど、
あなた
あなた
ふふ、ありがとう
華奈
華奈
うん!


そうやって笑いかけた。

体育館にいる人達に囲まれていると、

一人の生徒が駆け寄ってきた。
男子
あ、あの!
あなた
あなた
…!


それは、梨々香達と居た男子

どうしてここに…、?
ザカオ
ザカオ
か、華奈ちゃん!こっち!
華奈
華奈
え!?あ、

華奈達を気にも掛けず、続けた。
男子
…謝りたくて
男子
今さら遅いかもしれません
男子
でも!
女子
わ、私からも!
男子
すみませんでした…!
女子
すみませんでした…

…へ?
あなた
あなた
え、

私は戸惑いながら問いかけた。
あなた
あなた
なんで…?
シルク
シルク
謝りてぇんだって~
そらちぃ
そらちぃ
らしい☆

…いやいや!なんでここにいるの!?
あなた
あなた
あ…えっと
瞬
まあ…本人は居ませんがね。
あなた
あなた
…いいよ
女子
え?


私は、
あなた
あなた
梨々香に命令されてとか、言い訳してなくて嬉しいから
あなた
あなた
大丈夫…。

…大丈夫。
あなた
あなた
だから、そんなに一生懸命謝らなくて良い

私なんかに謝るなんて、勿体ない。


そう思っても、口には出せないけどね?

ンダホ
ンダホ
一件落着…!?
エイジ
エイジ
みたいだな

気づいたときには、




14人グループとクラスの全員が私の周りに居た。
モトキ
モトキ
なんでこんなにいんの?wwwww
ダーマ
ダーマ
まじそれな笑

さっきの拍手ぐらいに

大きな声で、皆で笑った。

久しぶりに楽しいな。
一真
一真
良かったな、あなた

そう一真が言った。
あなた
あなた
そうだね、一真

たまに優しい一真に、

こんなに素敵な人達が近くに居たんだなぁ…。
ツリメ
ツリメ
でも、まだだよね~
ツリメ
ツリメ
梨・々・香

…別に



そう思ったけれど、無理だな。
影斗
影斗
ですな!


皆乗り気だもん笑

でも、



私のことを思ってくれる人が居るのは

悪くないなぁ…。

次回_平和の意味