無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第32話

30


二人の生徒に梨々香の居場所を教えてもらって、




そこに向かっているんだけど…

あなた
あなた
…。


物凄く心配。


だってさ?虐めてきた人に会うんだよ…?
ンダホ
ンダホ
大丈夫だよ!

ンダホさんは、何かに気付いたみたいで



そう、声をかけてくれた。
あなた
あなた
ありがとう…ございます
ンダホ
ンダホ
いえいえ(о´∀`о)

にこって笑うから、



私も少し笑い返した。
ダーマ
ダーマ
はーいそこイチャイチャしなーい←
マサイ
マサイ
キャラあってねぇぞw

そんな風に喋っていたのだけれど、
女子
こ、ここです
瞬
…ありがとうね
女子
!!!は、はい!!

その部屋の扉を開けると、
梨々香
梨々香
…は、?

梨々香が居た。
あなた
あなた

シルクさん達は、後ろに下がった。


「頑張れ」って言うように。
あなた
あなた
…梨々香
 梨々香の名前を呼んだ。



昔の私に



なりたくないもの。
梨々香
梨々香
な、なによ!
あなた
あなた
どうして、

でも、

私はそこから何も言えなかった。

なんで?
 
そんなの、私が弱いからに決まってる。

人に頼らないと生きていけない人間だから…。

華奈
華奈
…、あなた?

ほら…心配されてる。



昔のままじゃん…。

私は何が変わったの?



なんのために…
あなた
あなた
…っ

私を見ていた梨々香は、

驚いた顔をした。
梨々香
梨々香
梨々香
梨々香
分かったよ。

梨々香はそう言うと



目を逸らしながら、
梨々香
梨々香
…ごめんね
あなた
あなた
…え

嬉しいのに。


なんで私は否定しようとするの?


これを…望んでたんじゃないの…?


梨々香は本気で謝ってる




なら…、
あなた
あなた
…ありが、…とう

梨々香はくすっとして、
梨々香
梨々香
私と友達になってくれますか?

って。

あの時の梨々香とは違って

目の奥が笑っていた。
あなた
あなた
…勿論だよ


ありがとう!



私に言った。
あなた
あなた
…ねぇ
梨々香
梨々香
…?
あなた
あなた
ごめんね、?
梨々香
梨々香
…あなたが謝るのね笑

だってさ。

私は貴女を、

悪者扱いしてたんだよ?
梨々香
梨々香
まあ…でも
梨々香
梨々香
謝ってくれるならさ?
あなた
あなた
…うん?
梨々香
梨々香
後ろにいる人達と
梨々香
梨々香
遊び行こーよ!笑

梨々香は良い?って皆に聞いて
全員
当たり前!

口を揃えて言ってくれた。
あなた
あなた
…。

笑いたいけれど、涙がぽろぽろ。



「なーに泣いてんの!」



皆の優しい声が、

私の心に染みていく。
あなた
あなた
…なんでだろ
シルク
シルク
ま!解決!
ぺけたん
ぺけたん
だね~

今日は全員で帰ろ!

そう約束した。


過去のあなた
過去のあなた
良かったね!
  


声が聞こえた気がした。
うん…良かった…。
華奈
華奈
あなた?
あなた
あなた
うん!今行く!

本当の平和って


こういう事なのかな。


今、物凄く幸せです。


ありがとう…。

次回_遊びの約束

作者
作者
はいはいはいはいヾ(・ω・ヾ)
作者
作者
梨々香良いやつやなぁ。←
羅亥
羅亥
作者としてどうなんですか?笑
作者
作者
(*・∀・*)マアマア
作者
作者
良いじゃないすか~
羅亥
羅亥
まあ…良いですけど
作者
作者
んでね~雑談するわ~笑笑
羅亥
羅亥
急ですね
作者
作者
笑そんで、この小説書いた理由なんだけど
羅亥
羅亥
はいはい
作者
作者
これの最終回に言おうと思うの
羅亥
羅亥
は?
羅亥
羅亥
今じゃないんですか?笑笑
作者
作者
そうなのよ~w
羅亥
羅亥
それで?雑談とは?
作者
作者
最初は、短編集ё書けてなくてすみません…( ・∇・)
羅亥
羅亥
申し訳ございません…
作者
作者
んでね、次
羅亥
羅亥
はいはい
作者
作者
エンディングがまとまったんですよ!
羅亥
羅亥
おぉ、おめでとうございます
作者
作者
あざっす(о´∀`о)
羅亥
羅亥
じゃあすぐにできると?
作者
作者
いや~遊びにいくのはまだ考えてないから笑笑
羅亥
羅亥
なるほど…
作者
作者
あと10話ぐらいで終わりそうよね~
羅亥
羅亥
本当ですか?
作者
作者
多分嘘っす
羅亥
羅亥
素直でよろしい笑笑
作者
作者
まあ気長に待っててくださいな~
羅亥
羅亥
はいはい
羅亥
羅亥
それで?
作者
作者
らいさん怖いっすよ~w
作者
作者
えーとね、新しい小説書きたい…っていう…笑笑
羅亥
羅亥
はいはい、それで
作者
作者
何が良いかな~w
羅亥
羅亥
決まってないならやめんさいw
作者
作者
はーいwwwww
羅亥
羅亥
では、次の小説を待っててくださいね
作者
作者
じゃねばい!😆👍