無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第28話

27


私は杉木華奈。


学校で虐めを受けてたけど、




親友のあなたが助けてくれた。


どうしてこんな私の味方をしてくれるのか




分からない。





小学のとき、うちはあなたが嫌いだった。




でも、小6のときからはあなたの良い所、可愛い所。


何故か、好きになった

あなた
あなた
華奈、私あのときの恩返しがしたいの。


こんなうちを?


曖昧なことしか言えなかったけれど、


うちはどうしてもあなたが分からなかった。





あなたが家に住んで良いって。




なんでそんなに…




優しいの?

あなた
あなた
華奈
華奈
華奈
ど、どうしたの…?


ザカオくんはいつも私を気遣ってくれていた。


正直…気になる。

あなた
あなた
ザカオさんと行ってきて良いよ


…鋭いなぁ。




ありがとう…あなた…。

華奈
華奈
まあ…別にいいけど…w


こんなうちでも一緒に居てくれるあなた。


感謝しきれないよ…。

ザカオ
ザカオ
じゃ、じゃあ!華奈ちゃん行こう!?
華奈
華奈
あ、うん!


…ザカオくんの

ザカオ
ザカオ
それでさ~w
華奈
華奈
まじで!!??wwwww
ザカオ
ザカオ
そうなんだよ笑
華奈
華奈
笑笑(*´ω`*)
ザカオ
ザカオ
…可愛い
華奈
華奈
…え
ザカオ
ザカオ
すっごい可愛いよ!
                                                                                                                                                                                                   

「可愛い」



そんな言葉も、




そんな笑顔も、

華奈
華奈
(…私は)






好きになってしまいました____。



次回_恋するシンデレラ