無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第24話

23
???
…なーにしてんの
あなた
あなた
え?


恐る恐る顔をあげると…


そこには…。
マサイ
マサイ
「俺」の
マサイ
マサイ
あなたちゃんですが?


そこにいたのは、マサイさんだった。
梨々香
梨々香
ま、マサイくん!
梨々香
梨々香
違うの!(-д- 三 -д-)
梨々香
梨々香
あなたちゃんが、私を殴ってきたのよ!
あなた
あなた
えぇ…(いやなんでここにマサイさんいるの?)


教室に戻ったんじゃ…?
マサイ
マサイ
で?
梨々香
梨々香
…っ
あなた
あなた
ま、マサイさん…
梨々香
梨々香
ふん!あなた、覚えときなさいよ!


そう言って、梨々香は走っていった。
マサイ
マサイ
あなたちゃん?大丈夫?
あなた
あなた
え?あ、


…まじの王子(((殴
マサイ
マサイ
俺らが守るっていったろ、
あなた
あなた
す、すみません…?


あの時のか…


守るって言われても、




本当にいいのか分かんないよ…。
あなた
あなた
…どうしてここに?
マサイ
マサイ
んー…
マサイ
マサイ
様子が変だったからかな~
あなた
あなた
様子…???
マサイ
マサイ
っていうか教室の方向じゃなかったから


心配してくれたってこと…?


、嬉しいかも
あなた
あなた
(いやいやいや…)
あなた
あなた
(駄目だ…あなた…)


こんなのが毎日続いたら…



14人グループに、


惚れちゃいますよ…?
マサイ
マサイ
まあ…あなたが殴られなくてよかった
 

マサイさんは、




私と目が合うように膝を曲げた。
マサイ
マサイ
いつでもお呼びくださいね?
マサイ
マサイ
俺のお姫様。


…は?
あなた
あなた
えっ?
マサイ
マサイ
置いてぎますよ笑
あなた
あなた
あ、まって!


…気にしたら、


負けなんでしょうか?
あなた
あなた
(手のひらの上で転がされてる気分…!)


…助けてくれてちょっぴり嬉しい、



なんて言えないけどね。w
マサイ
マサイ
本当に
マサイ
マサイ
面白いやつだな
あなた
あなた
…?


…これ、エイジさんにも言われたような
あなた
あなた
褒め言葉として受け取っておきます。
マサイ
マサイ
なんか、あわあわしてて
マサイ
マサイ
可愛いw
あなた
あなた
…ゑ!?


可愛い、という単語を聞いて


思わず隣を歩いているマサイさんの方を


勢いよく向いてしまった。


そこには、綺麗な顔立ちのマサイさんがいて。
マサイ
マサイ
ん…?
あなた
あなた
うわぁぁぁぁこっち向かないで!お願いします!!
マサイ
マサイ
は?え?
マサイ
マサイ
なんでそんなに顔あか…


…嫌だ…ほんとに
あなた
あなた
良いです良いですから言わないでください…
マサイ
マサイ
???



落ち着いた私は、


改めてお礼を言うことにした。
あなた
あなた
…助けてくれてありがとうございました
マサイ
マサイ
俺の勝手だからw
あなた
あなた
…はい


「優しいですね」


言えたらなぁ…。
マサイ
マサイ
ぼーってしてるとこだよ
あなた
あなた
ん…?
マサイ
マサイ
先行くから
あなた
あなた
え?


マサイさんは何も言わず行ってしまった。


なに言ったんだろう…?
あなた
あなた
不思議な人…


余裕があって、不思議で。



マサイさん、何か隠してるのかな?
あなた
あなた
…また聞くことが増えた


いつもネガティブ思考な私ですが、



今日はまた話せる、とポジティブに考えれることができました。
あなた
あなた
…知らない自分はっけーん


そう呟いて、歩き出すあなたさんでした。


次回_屋上(パート2)