無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

127
2019/04/11

第28話

25
第21章
時間飛びますね

二宮先生「おはよー!!今日は転校生がいまーす」

???1「よろしくお願いしまーす」

???2「よろしくでーす」

???3「よろでーす」

あなた(((やっぱかっこいいな)))

紫耀(((あなた!その顔は…3人に惚れてる!?)))

廉(((え、ちょ、あなた?なにニヤついてんの??え??)))

???1「どーも 俺の名前は道枝駿佑です 特技は…合気道です!!」

???2「えーっとー俺の名前は高橋恭平です 日本人と日本人のハーフです!趣味は勉強 特技はテストで0点を取ることです!」

「wwwww」

???3「俺の名前は神宮寺勇太です 特技はー空手です!」

優太(((俺と名前同じじゃん)))
あなた 紫耀 廉「優太と同じ名前じゃん」

ゆみ「そろってるぅ」

みき「さっすがー」

あなた「はぁ?w」

紫耀「はぁ?w(あなたの真似)」

廉「はぁ?w(あなたの真似)」

あなた「おまえらバカかよww」

二宮先生「おい 静かにしろよ? ごめんねー こんなクラスだから」

駿佑「楽しそう!」

恭平「面白そうっす」

勇太「よろしくっす」

二宮先生「席はーそうだな あなたの隣に駿佑、紫耀の隣に恭平、廉の隣に勇太で座ってくれ」

あなたの苗字をどうするかめんどいから名前呼びってことでよろっす

紫耀 廉(((にのちゃあああんあなたの隣ぃぃぃ)))
あなた(((まっじっかっ)))


ちなみに席は窓側の後ろの方で
前側
ゆみ 優太 紫耀 恭平
駿佑 あなた 廉 勇太 (最後列)
てな感じどすえ

駿佑「あなたちゃん??よろしくお願いします!!」

あなた「あなたでいいよ!!タメでいこ??よろしく〜」

駿佑「おっけ!あなた!俺のことは、駿佑でもみっちーとでも呼んでー」

あなた「りょーかい!駿佑ね!😁」

駿佑(((え待って、あなた可愛すぎんか?ええー惚れるー)))

紫耀(((あなたー、仲良くしすぎ! いや俺のものてなわけじゃないけどさ)))

廉(((可愛いってこと自覚しろよー みんな惚れるやんかー あと、仲良くしすぎな)))

紫耀「あ!よろしく!キョーへーくん?俺は紫耀!!だから紫耀って呼んでー」

恭平「紫耀くん???よろしくお願いしますっす」

紫耀「くんつけないでいいってー 同い年なんだからー ってそうだよね???」

恭平「りょ!! そーだよw」

廉「あ、俺、廉ね!! よろしく タメでいこ 勇太って呼べばいい??」

勇太「廉! うん!よろしくー」

あなた(((いや、ほんと3人ともかっこいいんんだよなー)))
↑廉や紫耀、その他諸々には思わねーのかよw

紫耀「ねぇ、廉(コソコソ)」

廉「ん?(コソコソ)」

紫耀「あなた絶対3人の誰かに惚れてるよね(コソコソ)」

廉「いや、3人ともにじゃない?(コソコソ)」

紫耀「え!!!???」

廉「ば、ばか!」

クラス全員紫耀の方を向く

あなた「どったのさww」

恭平「紫耀面白ww」

紫耀「あは、あははーあははははー」

廉「おま、なにしてんだよw」

紫耀「生きてる」

廉「いやそーゆーことちゃうがなw」

紫耀「てへへ」

廉「馬鹿だなぁ」

紫耀「ごめんごめん笑」

廉「まぁ怒ってないけどw」

二宮先生「そこ うるさい!」

廉「すいませんでしたー」

紫耀「ごめんなさーいにのt…」

二宮先生(ギロ)

紫耀「に、二宮先生!」

二宮先生「授業中だぞ?気をつけろよ」

紫耀(((あっぶねー またニノちゃんに怒られるとこだったー)))

あなた廉(((紫耀のやつ、ばかかよww)))


最近短いけど許してww


日本人と日本人のハーフですってやつ友達が髪染めて冗談で先生が新入って紹介した時に言ったんだよね
爆笑やった