無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

141
2019/03/29

第26話

23
二宮先生「どれ頼む??」

紫耀「そこはデラックスっしょ!」

あなた廉「よんきゅっぱ!!」

二宮先生「却下 高いわ!!」

大吾「よくばりくおーたー」

あなた 廉「いちきゅっぱ!!」

健人「2人はそれいう係??w」

二宮先生「おけ」

健人「俺のことはスルーかよぉぉ」

二宮先生「ポテトいる人ー?」

紫耀「はい!はい!はい!」

あなた「あなたもー」

廉「俺もー」

二宮先生「とりあえずたくさん頼むー 電話してくるー」

5分後

二宮先生「30分以内にお届けしますぅ だってさ」

あなた「いそー そんな店員」

「それなぁ」

紫耀「にのちゃん!ぬれおかきは!?」

廉「ほんと好きだなぁww」

あなた「ねww」

二宮先生「謎にいつ紫耀が来てもいいようにストックしてるからねww そこの棚ー」

「wwww」

紫耀「え、ちょっとこれ!いいやつ!めっちゃうまいやつじゃん!!にのちゃん神ぃぃぃぃぃ😊」

大吾「紫耀って面白いやつだよなぁw」

健人「うん あなたが惚れてないといいけど(ぼそっ)…」

大吾「は??普通に惚れるっしょ あ、でも幼馴染だから違ったりするのか」

健人「あなたに彼氏ができたら死ぬんだけど(コソコソ)」

大吾「それは理解できねぇ」

健人「え」

大吾「別にいいじゃん あなたの人生だし」

健人「えぇぇ 俺無理 耐えれん」

大吾「しらね(`・ω・´)」

健人「なぁ 大吾 冷たいぃ」

大吾「兄にデレデレするのもね てか、健人の場合弟 妹にデレデレしてて気持ち悪いわー(去ってく)」

紫耀「うまいわぁこれ」

廉「え、紫耀 もうそんなに食ったん??」

あなた「やばw」

二宮先生「はやw」

ぴぃーんぽぉーん

紫耀「きたぁぁぁ」

二宮先生「はーい」