無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,726
2018/09/01

第4話

デレデレ優太。
『ねぇ、なに?笑笑』
今日は珍しく優太がくっついてきます。
岸「んー、充電」
『お昼ご飯作れない笑笑』
嬉しいですけどね笑笑
岸「このまま作ればいいでしょ?」
首をこてんって…
玄樹くん、並にあざといね今日笑笑
岸「ねぇ、チュー…ちゅーして?」
『あとでね〜…笑』
苦戦しながらお昼ご飯完成!
『はい、席ついて』
岸「んー…」
『はい、召し上がれ』
岸「いただきます!」
『笑笑』
岸「あーん、して?」
『笑笑マジで?5歳児…笑笑』
岸「早くー!」
どんだけデレデレなんだよってね笑笑
岸「ごちそうさまでした!」
『はーい』
岸「スーキ!」
『ありがとー笑』
岸「あなたは?あなたは?」
『好きー…笑』
お酒入ってんのかな笑笑
2人でソファに座ると
岸「テレビの俺と今の俺どっちが好きー?」
『うーん、どっちも笑笑』
岸「…ぶー…」
『あはは!笑笑ぶー?』
岸「…ぶー」
ほんとに怖いんですけど笑笑
だってなにかとりにいこうとしたら
岸「ダメー!」
『なに?笑』
可愛い。今日の優太は無駄なくらい可愛いです。
岸「寝る。」
しまいには膝で寝てしまった。
このー!髪の毛さらさらやろう!
『……………………』
一緒に私も寝てしまった。
岸「あなた〜?起きてー?」
『…ん?』
岸「おはよ、笑」
…不意打ちなおはよに笑顔は
ギャップがありすぎて辛いです。笑