無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,354
2018/09/03

第6話

過去。②
だんだん、お互いタメで名前呼びになってきた
岸「あなたちゃん、席あいてる?」
『笑笑空いてるよ!』
優太くんって呼んでたかな
岸「あなたちゃんといると
仕事のこと忘れちゃいそう笑」
『そう言えば仕事何してるの?』
岸「…あのね、…」
誰にも言えないのか
耳で「ジャニーズ…」って囁いてたなぁ笑
『えっ、私危ないよね…
うわ、ジャニーズ…優太くんに危険が…』
岸「…大丈夫!大丈夫だから笑笑」
仕事を聞いた時は焦ったけど
アイドルって感じがしなかった。
それで去年の冬。
岸「あなたちゃん。好きです!」
誰もいない深夜ホワイト・クリスマスで
『…私も、すきです笑』
告白された。
これが出会い。