無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第13話

たくらみ
【光月side】
光月
光月
(夕陽まんまと私の嘘信じちゃって…!)
私は嘘をついている。2人でなんて、本当は4人でいたことも分かってる。
夕陽
夕陽
ねぇ光月?
光月
光月
ん?
夕陽
夕陽
光月が嘘ついてるって思ってるわけじゃないんだけどね、2人っていうのホントだよね?
夕陽は、空に信じてって言われて、本当はちょっと私が嘘をついてるんじゃないかって思い始めてるのかな。
光月
光月
嘘じゃないよ。
夕陽
夕陽
そうだよね。空が信じてって言ってきてるの。怒ってるんだけど、どうしたらいいかな?
光月
光月
今さら信じるなんて無理だよねー
夕陽
夕陽
うん…
夕陽
夕陽
光月、信じてるよ!
光月
光月
うん!
信じてるなんて言われて、少しギョッとした。
私は、正直言うと夕陽も空も好きじゃない。だって、私は深瀬くんが好きだから。空はいつも深瀬くんと仲良くしてて、夕陽は深瀬くんのことが好きなんだから、ライバルだ。だから、まずは夕陽を利用する事にした。
光月
光月
ねえ…
私は次のたくらみを伝えた。