無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

デートのお誘い!?
空
(何だろう…?)
そう思いながら開いてみると
”さっきはごめんな。”と1言だけ書いてあった
いつもよりキレイな字で。
空
(深瀬が謝る事じゃない、私が謝らなきゃいけないのに。)
急いでノートの端っこを破って書き始めた。
”謝らなきゃいけないのは私だよ、ごめんね。”
そう書いて深瀬の机に置いた
深瀬はそれを読むと、また何か書き出した
深瀬
深瀬
ん。
深瀬はそう言ってまた私に紙を渡した
開くとそこには、
”急なんだけど。今週の日曜日空いてたりするか” と。
いつも通りの字で。
空
(特に予定もないし!)
ほとんど毎日暇な私はカレンダーなどを見なくても、空いてる日は分かる。
”開いてるけど、何で?”
深瀬に紙を渡すと、私は黒板に書いてあることをノートに写し始めた。たまにノート回収があるので、書いてない所があると先生に呼び出されて怒られてしまう。
深瀬
深瀬
空、お前字違うけど。笑
ノートを書いていると深瀬が笑いながら言ってきた。先生にバレないように笑いを抑えてはいるけど。
空
えっ、どこどこ
私はノートに書いた文字を見返した
深瀬
深瀬
違うよ、これな。笑
深瀬はそう言って私の顔の前でさっき私が深瀬に渡した紙をヒラヒラさせた。ノートじゃなくて、さっきの紙のことだったようだ。
空
あ、ほんとだ!書き直すから!!
私は、”空いてる”という字を”開いてる”にしてしまっていた。書き直そうと思って、深瀬から紙をとろうと思ったら
深瀬
深瀬
いいよ、内容わかるし。
そう言って深瀬は紙を自分の机に置いた
空
じゃあなんでわざわざ言ってきたの
深瀬
深瀬
何でって…からかいたかったから。
そうだった。深瀬は人をからかうのが大好きだった。そんな人に恥さらしをしてしまったのだ。これから何日間かはこの話をいろんな人にされてしまうだろう。
空
からかうのやめてもらえませんかねー
私はぶっきらぼうに言った。
深瀬
深瀬
だって面白いんだもん
まるで小学生が言っているように言った
深瀬
深瀬
空いてるなら一緒に遊園地行ってほしいんだよ。妹たちが行きたいって言ってんだけど、俺1人じゃ心配だからさ。
深瀬
深瀬
ほら、あれだろ。女の子には女の子がついてたほうが安心すんだろ。…妹のためだからな
自分が遊園地に遊びに行きたいかのように言ったが、そう思われたと思ったのか、妹のためだということを2回繰り返して言った。
空
(どうしよう…親友の好きな人と遊びに行くのってどうなんだろう。)
空
(でも妹のためなんだよね、だったら大丈夫かな…)
1回大丈夫か不安になったが、妹のためだということなら、大丈夫だと思ってしまった。
空
そうだね。分かった
そう返すと、深瀬はもう何も言って来なかった
学校が終わり、家に帰ると深瀬からLINEが来ていた。日曜日の予定が色々かいてあった