無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第38話

やべ
たった2年しか関わってないのにさ

めっちゃつらくなるのなんでだろ

たった2年なんよ

見たら思い出すの分かるけどやっぱり見てしまう

前のやり取り

中学の時はまだ全体的に楽しかったな

高校も嫌な事しかないけど愚痴聞いてもらって

励ましてもらって、気晴らしいこーぜとか

変な話とかあいつの好きな人の話とか

出来てて、まだ頑張れてたんよね

てか多分その会話とか励ましがあったけん

頑張ってこれたんよ

なのにさ、勝手に勘違いして

俺一人でも大丈夫やろ

って強がって


もう何回も何回もここに書いた

同じことを多分書いてる

もう愚痴は聞けないって言われた時に

分かった、って言わないとよかった

無理やけんまだ話聞いてって言えばよかった

分かってた、全部わかってた

怖くて何も言えなくて

その事に触れたら縁切られそうで

それが1番嫌だったから


俺が悪いんよ

知ってたから

知っとったけんそれを言わなんやった

嫌われても言うべきだった

それが1番せなん事やった

止めれた

違う、止めれなかったんじゃないって

俺が動いたら止めれた

なのにさ、のうのうと俺が生きてさ

笑って、それなりに楽しく生きてて

ダメなんじゃないかな

信用されてたからこそ止めないと行けなかったんじゃないかな


つらいって言葉じゃ表せられない

なんだろ、締め付けられて罪悪感と寒気

そんな感じ


止めれたら周りも悲しまずにすんだ

止めれたらこんなことになってなかった

止めれたらまた遊べたかもしれん

止めれたら、

こんな過去の後悔しか残ってない

普通に過ごしてるけど

後悔は後悔なんよ

ずっとずっと覚えとる


死ぬってのはよくないよ

死にたくなるけど

なんか難しいね

落ち着いてきたけんやめる

おやすみ