無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第123話

そのなんだろ
今日は色々と思う日やん

雪が降って、外眺めてて、なんか空見よったんよねwwww

ぼけーとしてて

大きいなーってww

え、恥ずww朝のこと思い出しながら書いてるんだけど、恥ずいね

でゴミみたいなクラスで1日過ごして

放課後は生徒会室で会議して

だらだらして

部活いって

帰ってきたのは8時

生徒会メンバーがいい人しかいなくて良かった

楽しい

学校ね、楽しくないっちゃん

おもんないし、行きたくないと

でも生徒会入って仕事増えて

自分の存在の意味を作って

それなりにまだいい生活をおくれてる

良かった、まだ入ったばっかでなんも分からんけどw



高校入ったばっかの時はそれなりにクラスの人と話してたよ

でもさ、やっぱ6月くらいになるとグループ出来るやん?

そのグループに入れなくて

俺孤立してるんよねw

そのネタにされることも無く

あくまでそこにいるだけの存在

悲しいよね

あいつバカやん、とか、うざいよね、とか何も言われずに

興味も持たれてなくてww

まぁ他の高校に友達おるけんいいや

女の親友おるし別にいいやって思ってて

夏休みになって

一緒に夏祭り行って

そんときにクラスの人と会って

え、見たいな顔されたとww

だって女連れとったけんね

普段クラスで孤立してるやつがデートしてるように見えたんだろうね

めっちゃ驚いててw

そっから俺多分変わったんよねw

夏祭りに中学の時の知り合いとバンバン話しかけいって

友達の友達とLINE交換したり

まぁ色んな女の子とLINE交換したりして

それでさ、知り合い女子多ければマウントとれるやん?みたいな考えたになってたw

んで、親友から言われたのは「出会い厨」w

懐かしい、

そん頃は言われていややったけど

今は言って欲しいよね、声聞きたい

もういないけど、

で、まぁ彼女も2人?くらい作ったけど

当然上手くいくわけないやん?w

だって俺色んな子と話してたし

まぁ向こうも色々あってたしww

でさ、なんか別れる事に抵抗がなくなって行ったんよね

なんだろ、大切やったと思うけど

振られたら興味ないやって

あ、でもたまにキープしとけばよかったな的なこと思うけど

結局残ったのは話し相手になってくれる子達だけ

それが1番いいけどね遊び相手にもなるし

んでね、何が言いたいのかって言うと

友達って大事だよねって思った

唯一の親友が死んだ時さ

俺誰に話そうって思って考えた

でもいなかったんよ、

高校の話とか好きなアイドル、韓国、歌

そういう浅い話ししかしてなくて

深い話は誰にすればいいんだろって

もうあの人以上の人は居ないんじゃないかなって

思って、やっぱ友達は大事だよね

1人は必要だよね

そして、その人にはしっかりと本音で

会話することが大事だって分かった

嫌いなら嫌い、好きなら好きって

伝えることも出来んくなるしね

曖昧な答えじゃダメなんよ

俺曖昧がすきやけん

そこを今度友達できたら直そうかなって思う



まだ死ぬまで60年くらいあるけん

もう少し頑張ってみよう