無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
108
2018/02/19

第1話

はじめ
桜が咲く頃、私たち小学6年生は卒業の日を迎えた。

未来に羽ばたく旅立ちの日。

もう一度この1年を過ごしたい。

この想いがたくさん溢れ出る。

だって、ほんとに楽しかったから。
あの日、私たちは出会った。

最上級生になったばかりの時に。
かえで
あ、かずみも同じクラスか!
かずみ
やったねー!
上風先生
今年一年お前らの担任だー。
上風武流(かみかぜ たける)だ。
よろしくなー
この時の私はまだ知らない。

このクラスがどれほど馬鹿げていて、どれほど楽しいクラスなのかを。