無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
35
2018/03/03

第9話

エピローグ
小学校、楽しかったなあ…。

私はもう大学を卒業して、4月から小学校、中学校の教員として働く。
そう、教員免許をとって、教員採用試験に合格したのだ。
中学校は社会の教員になった。
4月からは小学校の先生!
頑張るぞい!
かえで
さて、新生活頑張りますか!
私がこれから働く学校の校舎へと足を踏み入れた。
職員室に入るとそこには…
上風先生
おはようございます。
かえで先生!
かえで
か、上風先生!?
私は思わず抱きついてしまった。
上風先生
おい、っちょ!
かえで
せんせー、久しぶりー
上風先生
そうだな
かえで
6年生の時はめちゃくちゃ楽しかったですよ(笑)
上風先生
そうか、それは良かったわ(笑)
かえで
うふふ(笑)
上風先生
HAHAHA(笑)
かえで
春風に想いをのせてありがとう
上風先生
お、懐かしいな(笑)
お前たちのオリジナルソングな
かえで
えぇ。
覚えていらしてるのね(笑)
上風先生
だいぶ印象的だったからな
かえで
そうですか!
かえで
先生!
上風先生
なんだ?
かえで
ありがとう!
上風先生
おう
先生はふっと笑いました。
これから教員としての毎日ですが、それはまた別のお話…。
この春風に想いをのせて大切な人へありがとうの気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか?
この時間は一生戻れません。
この一瞬一瞬、大切にしていきましょうね。
それではここまで読んでくれた皆様に
「春風に想いをのせてありがとう」