無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第66話

62
ジミン
ジミン
え、マジで言ってんの?
V
V
お前と働くとか無理
V
V
あとそれなりに金貯まったし
ジミン
ジミン
、、
ジミン
ジミン
好きにすれば
V
V
うん
V
V
あなた、行こ
あなた
あなた
うん、




あなたの手を引いてジミナの家を出た











V
V
あなた、怖い思いさせてほんとにごめん
あなた
あなた
いや、オッパのせいじゃないよ
あなた
あなた
私もずっと黙ったたから、
V
V
、、、、
V
V
、、なんで黙ってたの?、
あなた
あなた
、、このことテヒョンアに言ったら、テヒョンアもグクくんも、
.   









































あなた
あなた
殺しちゃうかも
あなた
あなた
って言われたから、
あなた
あなた
他の2人が、私が理由で死んで欲しくなかったっ、
V
V
っっ、そっか、
V
V
ごめん、、、








ほんとに、どこまであいつは、、







ほんとに狂ってる



























V
V
、、、家に、帰ろう
あなた
あなた
うん、