無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

2
V
V
、、、おい
ジミン
ジミン
うん
ジミン
ジミン
ごめん
V
V
はあ
連れてこられたのは案の定ホストクラブ




まあ、どうせ落ちるだろうし




記念に受けてみるか




なんて





考えた俺が馬鹿だった










RM
RM
うん、合格
RM
RM
2人ともイケメンだから
RM
RM
売り上げが上がると思うし
ジミン
ジミン
まじすか
RM
RM
はい、これにサインして
V
V
、、、




受かっちゃったじゃん




その後は他のホストの人と話した



1番上がジンヒョン
アルパカみたいな人だ


2番目がシュガヒョン
俺と同じ大邸出身で話があう


3番目がナムヒョンとホソギヒョン
ナムヒョンは店長でめちゃめちゃ頭がいい
ホソギヒョンはいつも笑ってて話すと楽しい




みんないい人たちで良かった