無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第26話

25

あなたside




私のオッパはちょっと変わってます。




なぜかって?




だってこの前、、、、、
あなた
あなた
オッパ、早く起きて
あなた
あなた
今日2人で出かける約束じゃん
オッパ
オッパ
んう〜
オッパ
オッパ
あなたがちゅーしてくれないと起きれない、、、
あなた
あなた
、、、
あなた
あなた
(*-(  )チュッ
オッパ
オッパ
!!!!!
あなた
あなた
はい
オッパ
オッパ
(/// ^///)
あなた
あなた
自分から言っといて照れないでよ
あなた
あなた
こっちも恥ずかしくなる、、
オッパ
オッパ
あなたかわいーね




オッパは朝が弱いんです。










2人とも休みのときは大抵家にいるんですけど



あなた
あなた
(ソファに座る)
オッパ
オッパ
テクテク(・ω・o*)-8。。。
オッパ
オッパ
ストン( ⸝⸝⸝¯ ¯⸝⸝⸝ )
オッパ
オッパ
(あなたの方に頭を乗せる)



このように甘々になるんです






ちょっと可愛いなんて



口が裂けても言えないです