無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

5





え誰




あなた
あなた
、、、
V
V
???
V
V
どうしたの?



この子





男の子か?女の子か?




顔は、、、、



髪の毛でよく見えない



あなた
あなた
おなかすいた
V
V
ん?
V
V
おなかすいたの?




コクッ




その子は小さく頷いた
V
V
ママとパパは?
V
V
お家はどこなの?
V
V
迷子?
あなた
あなた
、、、ママとパパはいないの



え?


なんでだ?
V
V
どうしてか言える?
あなた
あなた
パパがずっとお家にいて
ママが怒ってお出かけしたら
帰ってこなくて
あなた
あなた
それであなたがおなかすいたって言ったら
あなた
あなた
あなたのほっぺたバチンてしたの
V
V
君あなたちゃん?あなたくん?
あなた
あなた
あなたちゃん!
V
V
ちょっとほっぺた見せてね


俺が顔に手をやろうとすると
あなた
あなた
ごめんなさい!
V
V
、、、、え?
あなた
あなた
もうたたかないでください!
V
V
叩かないよ、大丈夫だよ
V
V
ちょっと見るだけだからね
V
V
痛くないから大丈夫
あなた
あなた
、、、、ほんとに?
V
V
うん😊
俺の返事に安心したのかちょっと落ち着いてほっぺたを見せてくれた




ひどい腫れだった



よく見たら他のところもあざがあった
V
V
、、、この青いのはパパがやったの?
あなた
あなた
うん、そうだよ
ぜんぶパパがきょーいくだって
V
V
っっっ
こんなのは教育でもなんでもない



ただの虐待だ




V
V
頑張ったね
V
V
もう大丈夫
V
V
俺と一緒に住もう
あなた
あなた
おにーさん
あなた
あなた
なんでないてるの?



俺はあなたちゃんを抱きしめながらしばらくその場で泣いていた