無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

1
V
V
わあ!また来てくれたの?嬉しい〜
ヨジャ
ヨジャ
Vくーん♡来ちゃった♡
V
V
ありがと〜また可愛くなったね!
ヨジャ
ヨジャ
そんなことないよ〜





俺っていつからこのBTSホストクラブのメンバーになったんだっけ





ああ

あれだ




ジミナに誘われたからだ

大学1年生の冬だったな


〜回想〜
ジミン
ジミン
ねぇねぇテテ
V
V
ん?どした
ジミン
ジミン
僕さ、今月お金が厳しんだよね
V
V
(お前毎月言うてるやん)え、貸さないよ?
ジミン
ジミン
うん、そう言うと思ってバイトを応募したんだよね
V
V
へえー
ジミン
ジミン
テテの履歴書も一緒に
V
V
なにしてんだよ



勝手に?
意味わからん
ジミン
ジミン
いやだってさ、モッテモテの僕らにぴったりなバイトだったからさ、
V
V
、、、、、、まさかホストじゃないよな
ジミン
ジミン
んで、今日面接なんだよね
V
V
おい、ホストじゃないよな?
ジミン
ジミン
16時から面接だから
V
V
場所どこ
ジミン
ジミン
〇〇町
V
V
絶対ホストやん
〇〇町って言えば某国の歌舞伎町ってとこくらい、夜の経済をぐるんぐるん回してる場所
ジミン
ジミン
とりあえずもう行かないとだから準備して!
V
V
ええ