無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

9
お風呂は明日の朝入るとして




朝ごはんないな




俺料理できないし




うーん( ・᷄ὢ・᷅ )




まあ、余計なこと考えないで




今は寝よう








あなた
あなた
んぅ、、、
あなた
あなた
やめて、、、、
あなた
あなた
ごめんなさい、、、、
V
V
あなたちゃん?
腕の中のあなたちゃんが汗だくになっていた
V
V
大丈夫!?え!どうしよ!
あなた
あなた
てーくん、、ぎゅってして、、
すぐに抱きしめた



思いっきり優しく


すると涙も止まり少しだけ笑った







このとき
この子は必ず俺が守るって決めた