無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第80話

76
グクside









またまた僕です






今からイrrrrrrルミネーションです









あなた
あなた
???
あなた
あなた
どこまで行くの?



今穴場スポットまであなたの手を引いて歩いてます






いいとこ探しておきました





この日のために(しっかり準備してるぐぅたんかわちい)
















グク
グク
もうちょっと先まで
グク
グク
あなた足痛くない?
あなた
あなた
うん!大丈夫だよ!





そのまま歩くこと3分



































グク
グク
到着!ここです!
あなた
あなた
、、、ここ?
あなた
あなた
何が見えるの?





きょとんとしてるあなたかわいい、、








じゃなくて、







そう、ここからは木が両側にずらーっと並んでる道路だけ





だから、まだつまらない






でも、あと5分






18時30分になればこの木に付いている小さな電球が全部光って






天の川みたいになるんだ







グク
グク
まだあと5分待ってて
あなた
あなた
?うん







あと4分









あと3分









あと2分









あと1分
























グク
グク
10
グク
グク
あなた
あなた
グク
グク
グク
グク
あなた
あなた
なんのカウントダウン?
グク
グク
もうすぐわかるよ
グク
グク
グク
グク
グク
グク
グク
グク
グク
グク
グク
グク
あなた!見て!
あなた
あなた
あなた
あなた
うわぁ〜!!
あなた
あなた
きれい!!!




次々に光っていく木々








ほんとにきれいだった、








あなた
あなた
すごい、、、
グク
グク
うん、









今、僕の横で笑ってるあなたの方がきれいだよ、






なんて







直接言えるほど











僕は大人じゃない