無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

11



朝ごはんどうしよっかな




つくる?




いやいやいや



材料ないし



そもそも料理できないし



買いに行くしかないか





V
V
あなたちゃーん
V
V
お腹すいてるよね
あなた
あなた
すいた!
V
V
一緒に買いに行こっか
あなた
あなた
!!!
いく!
V
V
あー、あと生活用品買いに行くか




まだうちに来て2日目



あなたちゃんのためのものはなんにもない





いろいろ買わないと
V
V
よし、しゅっぱーつ
あなた
あなた
しゅっぱつ!
ショッピングモールまで電車で行くことにした




行く途中これなに?これは?と
いろいろ聞いてくるあなたちゃんが可愛くてしょうがなかった
あなた
あなた
とうちゃーく!
V
V
走んないでね、転ぶから
V
V
俺と手繋ご
あなた
あなた
ッうん!
触れようとするとまだ少しビクッとなるけど最初よりかは治まってきた



そしてしっかりと手を繋いで
色んなところに行った




身の回りのものを全部買ったし



なんならおもちゃまで買った



あとは帰るだけ



だったのに
ジミン
ジミン
あれ、テヒョンア?


うーわ最悪




無視しとこ
あなた
あなた
だーれ?
V
V
誰だろうね
V
V
気持ち悪いね
ジミン
ジミン
ちょっと笑無視しないで、、よ、、
ジミン
ジミン
え誰
ジミン
ジミン
テヒョンアの子?
V
V
ちがうわ



ほんとにアホだな