無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第57話

53
なんでこんなことになったんだ










V
V
っっっあなた
V
V
どこにいんだよっ







普段なら部活が終わって18時半には帰ってくるのに





20時過ぎても帰ってこなくて






電話もしたし





LINEだってした





でも既読がつかない





心配になってグクくんに電話もした






ジョングク
ジョングク
📞どーしたんですかー?
V
V
📞今日あなたと一緒に登校したでしょ?










グクくんが言った言葉を理解するのに時間がかかった









ジョングク
ジョングク
📞え、俺今日一緒に登校してないし
ジョングク
ジョングク
📞あなた学校休みましたよ?
ジョングク
ジョングク
📞、、、、あなたになんかあったんですか?
V
V
📞あ、いや、まあ
ジョングク
ジョングク
📞話してください
ジョングク
ジョングク
📞あ、てかちょっと待ってて



ガチャ









え、電話切られた









三分後








ピンポンピンポンピンポンピンポンピンポンピンポンピンポンピンポンピンポンピンポン








V
V
!?!?!?!?
ジョングク
ジョングク
あけてくださーい
V
V
ああ、グクくんか




強盗かとおもたわ
ジョングク
ジョングク
全力で走ってきました
V
V
なのに息が切れないのね君は
V
V
てか、こんな時間に家出てきて大丈夫?
V
V
親は心配しないの?
ジョングク
ジョングク
あ、俺1人で暮らしてるんで
V
V
へぇー、、、、、え!?
V
V
初知りなんだけど
ジョングク
ジョングク
初出しですから





この年で1人で、、、、









シンプルにすごいわ








ジョングク
ジョングク
つーかそんなことより!
ジョングク
ジョングク
あなたがどーしたんすか
V
V
ああ、
V
V
かくかくしかじか








俺が話し終わるとグクくんはしばらくしゃべらなかった









V
V
、、、、、あなたに最近変わったことあった?
ジョングク
ジョングク
、、、、、、
ジョングク
ジョングク
そういえば、最近部活休んで早く帰ってました、、
V
V
、、、、、、そっか





目に涙をたくさん溜めて







でも流さないように話してくれた







ジョングク
ジョングク
、、、、悔しいっ
ジョングク
ジョングク
あなたをっ、、、守りたかったっ
V
V
っっっ
V
V
大丈夫、絶対に帰ってくるから
ジョングク
ジョングク
っっうんっ
















あなた、オッパは帰り待ってるよ








だから、








どうか無事でいて