無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

4
まあそんな感じで続けて行った結果




こうしてホストクラブのNo.1になれた



まあ結果オーライかな





RM
RM
じゃ、みんなお疲れ様!また今日の夜!
ジミン
ジミン
お疲れ様でしたー
V
V
お疲れ様でした





今日の営業も終わって帰る




明日の朝ごはんねえな




まあいいか




なんてくだらない事考えてたら




クイッ




何かが俺の服の裾を引っ張った
V
V



振り返ると誰もいない
V
V
なんだ?



クイックイッ




下か?



下を見るとそこには小さな子供がいた