無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第36話

34
あなたside







それから







あっという間に月日が経った





相変わらずぐくはモテモテで









毎日呼び出されてた






ジョングク
ジョングク
なんで俺が呼び出されないといけないわけ?





って、いちいち怒ってた



















合唱コンクールもあった






グクはソプラノで





ソロを任されてた(どんなコンクールだよ)




その歌声に他の学年や見にきてた保護者の人も、うっとり






校長先生は涙目だったな














合唱コンが終わった後はすぐに修学旅行





グクとは違う班になっちゃって














ジョングク
ジョングク
離れちゃったね、、、
ジョングク
ジョングク
あなたとおんなじ部屋が良かったな
あなた
あなた
自由行動で一緒に回ればいいじゃん
ジョングク
ジョングク
うん、、、




最初は悲しそうだったけど






最終日の自由行動では










ジョングク
ジョングク
ごめん!あなた借りてくね!
って言って颯爽と班から連れ去られた






その後は2人でアイスを食べたり、引率で来てくれた写真館の人に、たくさん写真撮ってもらったりした。

















いろんなことがあった









とうとう明日は









卒業式