無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

10
夜が明け朝になった(あたりまえ)





昨日の涙嘘のように気持ちよさそうに寝ているあなたちゃん




V
V
かわい、、、、
あなた
あなた
んぅ、


もう9時だしそろそろ起こそうかな
V
V
あなたちゃーん、朝だよ〜
あなた
あなた
んぅ
V
V
おっきしよ、おっき
あなた
あなた
てーくんがちゅーしてくれないとおっきできない
V
V
はぅっ
V
V
いいよいいよちゅーくらいいつでもするよ
V
V
はいちゅー
あなたちゃんのほっぺたに優しくちゅーした
あなた
あなた
んふふおっきする〜
V
V
ほんとにかわいいねあなたちゃんは
あなた
あなた
ほんとにかっこいいねてーくんは


はあああああ
かわいすぎる