無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第35話

33
あなたside


あの後はなんとか許してもらえた





オッパ
オッパ
まあ、知らない奴よりかはいいけどさ、、、、
オッパ
オッパ
っっ寂しいから今日一緒に寝て!
オッパ
オッパ
そしたらまあ、ゆるす




そして久しぶりにオッパと寝た






抱きしめられて呼吸困難になりかけて目覚めるっていう、最悪の朝だったけどね





んで




あなた
あなた
いってきまーす
オッパ
オッパ
いってらっしゃい、俺のあなた
(ちゅっ)
ジョングク
ジョングク
いやあの、そろそろいってらっしゃいのキスするのやめてもらっていいですか
ジョングク
ジョングク
俺の彼女なんで




きゅん
オッパ
オッパ
え、じゃあグクくん。
オッパ
オッパ
こんなにかわいい子が目の前にいたらさ
オッパ
オッパ
キスしたくなんないの?
ジョングク
ジョングク
なります
ジョングク
ジョングク
あなたと話してるとキスしたくなりますねはい。
オッパ
オッパ
そういうこと
ジョングク
ジョングク
仕方ないですね、許可します
ジョングク
ジョングク
僕には気持ちがすごくわかるので
オッパ
オッパ
そうこなくっちゃ




私の前でどんどん話が進んでいく
ジョングク
ジョングク
じゃあ、あなたは責任持って俺が守ります。では、いってきます。
オッパ
オッパ
よろしくお願いします