無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第55話

51
🐯side




え、どうしよう








本人に聞くしかないか






V
V
あ、あなた
あなた
あなた
んー?
V
V
、、、
あなた
あなた
どしたの笑
V
V
、、、これってあなたのお父さんだったりする?



社長の写真を見せた










あなた
あなた
、、、え、だれ
あなた
あなた
わかんないわ







、嘘ついた








あなたは嘘つくとき手の甲を触る癖がある













V
V
そっか
あなた
あなた
うん







なんだかこれ以上はなんだか聞けなかった










俺はあなたのオッパなのに、、