無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第53話

49
こんにちは




またしてもぐうたんこと、チョンジョングクです






いや〜ちょっと自慢してもいいですか?







今、あなたの家に来てるんです





そしてあなたの部屋にいるんです





























あなたに膝枕してもらってまっす☆






グク
グク
ふへへへ
あなた
あなた
ちょっと、気持ち悪い





なぜかって?






ふっふっふっ





それはですね、、





さかのぼること数十分前

















グク
グク
あなた〜
あなた
あなた
ん?
グク
グク
眠いよ〜、、
あなた
あなた
寝たらいいじゃん笑
グク
グク
んぅ〜
グク
グク
ベットまでいく気力ない〜、、
グク
グク
膝枕されたい、、、
あなた
あなた
え、やだよ
グク
グク
なんでよ
グク
グク
この前テヒョニヒョンのこと膝枕してたじゃん
あなた
あなた
だってあれはさ
あなた
あなた
一回だけしてくれたらなんでもするって言ったんだもん
グク
グク
んええ
グク
グク
じゃ、俺もなんでもするから膝枕して!
あなた
あなた
ほんとに?
あなた
あなた
なんでもする?
あなた
あなた
言ったね?
グク
グク
お、おう
あなた
あなた
じゃ、私がちょっと男子と話しただけでその男子のこと脅さないで
あなた
あなた
私が女子にめっちゃいじられるから
グク
グク
、、、、、、わかった
あなた
あなた
よし、いいよ
グク
グク
(((o(*゚▽゚*)o)))♡




















と、いうわけなんです










グク
グク
えへへへへ
あなた
あなた
(気持ち悪)