無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第63話

59
テヒョンside












何回も電話して、








やっと繋がったと思えば







ジミナの家にいる?







なんだそれ



頭が追いつかない









なんでジミナ、、?、







ジミナの家でなにしてんだよっ、








V
V
📞、、、、今から行くから、そこで待っててくれる?、
あなた
あなた
📞うんっ、
ジョングク
ジョングク
📞待っててね!あなた!
あなた
あなた
📞ぐく!?、、うんっ、待ってる、っ泣






















とりあえずジミナには死んでもらうしかない