無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第56話

52
そのあともなんとなく聞かなくて







1週間が経ってしまった




その間はとくになにもなくて、






ちょっと安心してた









V
V
あなた、忘れものない?
あなた
あなた
うん!行ってきます!





今日だって普通にグクくんと学校に登校した




































































はずだったのに