無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第29話

28
ジョングク
ジョングク
確かにあいつは可愛いけどさ!
ジョングク
ジョングク
なんて言うか
ジョングク
ジョングク
っっ好きな人が俺じゃないやつと喋ってるとこ見るのが嫌なんだよ!
あなた
あなた
っっっ
あなた
あなた
ごめん!
あなた
あなた
確かにボムギュと喋りすぎた!
あなた
あなた
グクの気持ちも知らずに、、
あなた
あなた
そんなにボムギュのことが好きなんだね、、、、
ジョングク
ジョングク
、、、、、は?
あなた
あなた
え?
ジョングク
ジョングク
はああああああ




ちょ、ため息でかいって


ガっ





急にグクに抱きしめられた











ジョングク
ジョングク
だから、お前のことが好きだって言ってんの
あなた
あなた
、、、、、、、え?



ゆっくりとグクが離れた





離れたと言っても私の鼻とグクの鼻がくっつきそう



ジョングク
ジョングク
、、俺の気持ち伝わった?



ほっぺたにあるグクの手が熱い


今の状況とグクからの告白で頭がキャパオーバー状態




あなた
あなた
、、、
ジョングク
ジョングク
、、キスでもしないとわかんない?



どんどんグクの顔が近ずいてくる