前の話
一覧へ
次の話

第12話

story 7
晃くんは拗ねてるらしいし、
幸くんには鈍感って言われるし。
てか私2人にドキドキしちゃってるんじゃん。
ああ、もうなんで、、晃くん拗ねてるの。。
終わったら晃くんに謝りにいこ、、、
「はぁ、やっと部活終わったぁ」
「華先輩やっとってなんか用事でもあったんですか?」
「あ、えっとちょっと晃くんに用があって、、」
「そうなんですか、、」
「じゃあ、行くね!」
そう幸くんに言って部室を出ようとしたとき
急に幸くんに手を握られた。
「えっ?」
振り返ると幸くんもびっくりした顔をしてた。
「あっ、すいません!!!何でもないです!!」
???なんだろ、、、早くしないと晃くん帰っちゃう!!
「バイバイ幸くん!!」