無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

一覧へ

第1話

はるくんについて
はるくんとは小学校の同級生で小3からずっと仲がいい。
私は小4からブラスバンドに入っててはるくんは小5の時に入ってきた。
入ってきた時から吹くのが上手で徐々に惚れていった。
小6の10月はるくんに彼女が出来た。
そのときは諦めた。
中1の5月。はるくんとは遊んだりする仲だったが私に彼氏が出来た。
それからも何度も遊んだりご飯行ったりを繰り返した。
Valentine's-Day当日。彼氏と喧嘩して別れた。
それからは彼氏のことが忘れられなくてはるくんと遊んで忘れようとしたり色々試した。
3月までは引きずって忘れられなかった。
中2の4月。今までよりはるくんと遊ぶ回数が増えてだんだん好きになっていった。
それから毎月予定が合えば遊びに行った。
7月。夏休みに入るから一緒に夏祭りとか行きたいねって誘ってみた。まぁはるくんは部活の合宿があって全部行けないってことがわかってた。
平成最後の夏。最高の思い出作りたいがあまり、私は告白した。
はるくんは急だったから返事困るとか言いつつ「俺直接自分から告りたい人がいるからごめんな」といった。
言ってしまえばショックでこの夏やっていけないと思った。
8月18日、はるくんから仲良し3人組のグルで「俺合宿のホテル1人部屋で寂しいから3人で電話しよ」って誘われて嬉しすぎて即OK。
19日もやったから合わせて約7時間3人で電話してた。夏休みだからみんなで夜更かししてさ。楽しい2日間でした
そのあとは3人での予定も2人での予定も合わずLINEだけする日々が続き、弟達の、行事で会えたり、その月々でも2回会える月と1回も会えない月があって寂しすぎてテンション下がりまくってる月もありました。
10月はるくんの文化祭へ!!はるくん実行委員?として頑張った準備。1日目は部活で行けなくて2日目部活休んでいくことに!!2日目は台風来てて12時までで起きてすぐ行くという大変なことがあったけど楽しめました!はるくんにも会えたしね!
11月、元ブラスバンドメンバーでご飯!
私は強制的にはるくんの目の前の席!ドキドキ止まらなかったし、盗撮してました♡
はるくんと写真撮れて満足♡
最近はLINEのやり取り多めで、私の部活が多くて遊べてないけど来月は遊ぶ約束してくれたからそのためにこれからも色々頑張って生きます!!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

らーこ
らーこ
よろしくお願いします
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る