無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

99
2018/11/08

第20話

さやか達の家
30分後
さやか「着いたー。送ってくれてありがとう。」
岩ちゃん「おう。帰ったらLINEする」
さやか「分かった。」
山下「りなちゃん、帰ったらLINEするわー。」
りな「送ってくれてありがとう。」
山下「おやすみ!」
りな「おやすみ。
岩ちゃん「さやかちゃんおやすみ!」
さやか「おやすみ」
ガチャ、バッタン
りな「まさか、二人が家まで送ってくれるとは思わなかったよね?お姉ちゃん?」
さやか「うん。びっくりしたよ」
りな「それに、向こうからLINE交換しようって言われるとは思ってなかったよ。」
さやか「そうだね。もしかしたら、山下くんはりなが好きだったりして!」
りな「え、そうなのかな?
さやか「多分、そうだよ。」
りな「私からしたら、岩ちゃんもお姉ちゃんが好きだと思うよ。
さやか「そうだと、嬉しいな。」
ピロリン
さやか「誰だろう?」 
LINE岩ちゃん「さやかちゃん、今日は楽しかったね?今日のコーデ可愛かったよ!」
LINEさやか「私も楽しかった♪え、本当?」
LINE岩ちゃん「本当だよ。」
LINEさやか「ありがとう」
LINE岩ちゃん「おう。じゃ、明日、朝早いから寝るよ。おやすみ!」
LINEさやか「おやすみー。」

さやかがLINEしてるときにりなにも山下からLINEが来ていた。
LINE山下「りなちゃん、今日は楽しかったな?りなちゃんのコーデ可愛かったで!」
りな「私も楽しかった!え、本当?」
山下「ほんまやで!
りな「ありがとう。
山下「おう。明日、朝早いからもう寝るわ!おやすみ。」
りな「うん。おやすみ」

30分後
さやか「りなー、聞いて!」
りな「どうしたの?」
さやか「岩ちゃんからLINE来て、今日のコーデ可愛かったって言われたのー♡かっこいい〜♡
りな「良かったじゃん!私が選んだかいがあったね?」
さやか「うん。りなのおかげだよ!ありがとう!
りな「いいえー(≧∇≦)!てか、そろそろ寝よう?」
さやか「うん、寝よう。おやすみ!」
りな「おやすみ。」