無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

206
2018/11/04

第5話

ライブ後の楽屋
30分後
コンコン
NAOTO「はーい!」
さやか「NAOTOさん居ますか?
3人「居るよー!」
ガチャ
NAOTO「どうぞ、入って!」
2人「失礼します!
NAOTO「今日のライブどうだった?」
さやか「うん。かっこよかったし、楽しかったよ!
NAOTO「りなちゃんは?」
りな「わ、私は最初緊張したけど、最後の方は楽しかったです!」
NAOTO「そっか。良かったー!りなちゃんは今日がはじめてのライブだったね?」
りな「は、はい!」
NAOTO「じゃ、自己紹介しようか?」
2人「はい。」
岩ちゃん「俺は、岩田剛典。よろしく!」
臣くん「俺は、登坂広臣だ。」
山下「俺は、山下健二朗やで。よろしくな!
2人「はい。よろしくお願いします!」
さやか「私は本田さやかです。よろしくね!
りな「わ、私は本田りなです。」
岩ちゃん「二人は彼氏は居るの?」
さやか「え、居ないですよー!」
りな「わ、私も居ないです。」
3人「へぇー。てっきり居るのかと思った。」
3人「ちなみに、どんな人がタイプ?」
さやか「私は、面白くて優しい人かな!」
りな「わ、私は、優しい人です。」
3人「オー。」
さやか「逆にNAOTOさんたちはどんな人がタイプですが?」
NAOTO「俺は、明るい子がタイプ!」
岩ちゃん「俺は、笑顔が可愛い子がタイプ!」
臣くん「俺は、モデル体型の子がタイプ。」
山下「俺は、優しい子がタイプ
さやか「そうなんだー!」
さやか「では、私達はそろそろ帰りますねー!」
NAOTO「うん。気を付けてねー!また連絡するよ
さやか「うん、分かった。」
岩ちゃん「二人とも気を付けて帰ってねー!」
2人「うん。ありがとう」
バッタン
岩ちゃん「さやかちゃん可愛かったなぁー!」
臣くん「ふぅーん。」
山下「りなちゃんも可愛かったで!」
NAOTO「じゃ、俺らも帰るか?」
3人「そうだね。帰ろう!」
NAOTO「またな!
臣くん「ん。」
ガチャ、バッタン