無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

100
2018/11/04

第15話

お店へ
一時間後
LINEさやか「NAOTOさん、お店についたけど、どうしたらいい?」
LINENAOTO「俺ら先にお店に入ってるからおいで!」
さやか「うん、中に入るよ!」
NAOTO「迎えに行くよ。」
さやか「ありがとう。」
ガチャ
店員「いらっしゃいませー。何名様ですか?
NAOTO「俺らと一緒です
店員「あ、そうですか。ごゆっくり」
岩ちゃん「NAOTOさん、さやかちゃん達来ましたか?」
NAOTO「うん。来たよ!」
さやか「お待たせしました。」
山下「俺らも、さっき来た所だよ
さやか「そうですか。なら良かった」
NAOTO「二人とも座って!
2人「はい。」
NAOTO「じゃ、飲み物頼もうか?」
3人「俺らはレモンサワーで!」
岩ちゃん「さやかちゃんは?
さやか「私は、ウーロンハイで!」
山下「りなちゃんは?」
りな「わ、私はお酒が飲めないので、ウーロン茶で!」
山下「りなちゃんは、お酒飲めないんだ?」
りな「は、はい。飲めないんです!」
さやか「りなは、まだ高校生だからね!」
山下「えー、そうなんだ。」
NAOTO「俺もレモンサワーにしよう!すいませーん!」
店員「はい、ご注文何になさいますか?
NAOTO「レモンサワー4個とウーロンハイ一つとウーロン茶一つ下さい。」
店員「かしこまりました」
NAOTO「お肉は何にする?」
3人「俺らは下さいカルビ3人前で!」
岩ちゃん「さやかちゃんは?」
さやか「私らは、上塩タン3人前とバラ3人前かな!
30分後
店員「お待たせしました。レモンサワー4個とウーロン茶一つとウーロンハイ一つです。」
NAOTO「では、カンパーイ」
全員「カンパーイ」
さやか「お疲れ様です!
全員「お疲れー。」
個々で話し始めた。