無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

211
2018/11/04

第6話

LINEでの会話1
2時間後
LINE岩ちゃん「NAOTOさん、今日会った本田さやかちゃんの連絡先教えて下さい!」
LINENAOTO「え、いいけど。本人に教えていいか聞いてみるから少し待ってて!」

LINENAOTO「さやかちゃん、岩田がさやかちゃんの連絡先知りたいって言っるけど、どうする?
LINEさやか「え、良いですよ!」
LINENAOTO「お、良かった。」
LINEさやか「うん。」

LINENAOTO「教えても良いって!はい、これがさやかちゃんのLINE!」
LINE岩ちゃん「おー!ありがとうございます。」

30分後
LINE岩ちゃん「岩田剛典です。仲良くしよう!」
LINEさやか「はい、こちらこそよろしくお願いします!

さやか「りなー!岩ちゃんからLINE来てびっくりした!!」
りな「へぇー、良かったじゃん!」 

LINEさやか「NAOTOさん、まさか、岩ちゃんからLINE来るとは思ってなくてビックリしましたよ!」
LINENAOTO「あ、そうだよね。俺も最初聞かれた時はビックリしたもん!
LINEさやか「ですよねー!」
LINENAOTO「あ、今度メンバー達とご飯食べに行くけど、一緒に食べる?」
LINEさやか「え、いいんですか?」
LINENAOTO「うん。多分、皆良いって言うよ。一回聞いてみて良かったらまたLINEする!」
LINEさやか「はい。待ってます!」
りな「お姉ちゃん!誰とLINEしてるの?」
さやか「え、NAOTOさんだよ!」
りな「あー、NAOTOさんね。何て来たの?」
さやか「今度メンバー達とご飯食べに行くけど、一緒に食べる?って聞かれた。」
りな「うーん、どうしよう(+_+)
さやか「私は行くって伝えたけど。」
りな「お姉ちゃんが行くなら私も行こうかな?」
さやか「じゃ、NAOTOさんに伝えとくよ!」
りな「うん。お願い!」