無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

357
2018/05/06

第4話

殺し屋仲間(瑛斗編)
オリバー
お前も、ついに彼女出来たのかw
瑛斗
瑛斗
仕事上の彼女ですから!
それに、最後は殺さなければいけないですからね!
オリバーさんは、俺が小さい頃から、優しく接してくれる。
でも、人を殺す事になると別人になる。
普段は、とても優しく、頼もしい、おじさんだ。

そして、絶望的だった俺の人生から助けてくれた、恩を返しきれないくらいの命の恩人なのだ。
オリバー
しかし、お前も優しいな〜
最後は殺すんだから、願いを叶えても、叶えなくても、結果は同じなのに
瑛斗
瑛斗
最後にいい思いして、死んだ方が、いいじゃないですか!
オリバー
そうかそうか。
まぁ、それが好評で、金が入ってれば、問題ないがな
言い忘れていたが、依頼者から、願いに相応するお金を貰っている。
オリバー
でも、その子のことを本気で好きなって、殺せないってことがないようにな!
オリバーさんは急に真顔で言った
瑛斗
瑛斗
...当たり前じゃないですか!
そんなことあるわけないですよ!...多分
リュカ
大丈夫!
もし好きになっちゃって、殺せなかったら、俺が、命を変えて守ってやるからな!笑
リュカは、オリバーさんと同年齢?らしい。
でも、友達のように仲良くしてくれるおじさんだ。
だから、自然とタメ口になれる、年の離れた良い親友になれた。
瑛斗
瑛斗
ありがとう!リュカ!
アメリア
ほら、みんな!
ご飯出来たよ!
早く食べないと、不味くなるよ!
この女の人は、オリバーさんの奥さんだ。
元殺し屋だか、結婚する時に、辞めたらしい。
これが、今の俺の日常。
今のところは楽しくやっている。