無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

一方私の日常は?(あなた編)
前回、栄斗の日常?を紹介したので、今度は、あなたの日常?を話したいと思います!

では、本編へどうぞ!
・*:..。o○☼*゚・*:..。o○☼*゚・*:..。o○☼・*:..。o○☼*゚
小学生の頃は、多分人気者だったと思う。
友達もそこそこいたし、好きな人だっていた。
その好きな人とも付き合っていた。
でも、突然こんな当たり前の日常が、母の言葉によって、覆された。
知ってると思うけど、高校は、遠くの学校へ行くのよ。
え?意味わかんない。
そんなこと聞いてないよ。
新しい生活が怖いよ
不安を抱いたまま私は、引っ越した。

案の定、引っ越したせいで性格が変わってしまい、極度の人見知り。

心がぽっかり空いた気がした。

まるで何かを埋めたいと自分が言っているかのように、

友人関係も、良くなかった。

彼氏どころか、友達までも出来なくなってしまったんだ…
一応仲のいい人はいたけれど、とびきり仲がいいと言えるような人はいなかった。
孤独だった。

その思いに耐えきれず、ネットの世界へと入っていった。


そんなある日、自殺希望者のサイトを見て、探し求めていたものが、見つかった気がしたんだ。
・*:..。o○☼*゚・*:..。o○☼*゚・*:..。o○☼*゚・*:..。o○☼*゚
暗くなっちゃってすみませんでした!

次回は、明るい感じになるようにします!