第18話

嫌な予感...🤨
あなたside






あの日以来から


メンバーの誰とも連絡をやり取りしなくなった


思い当たるのはただ1つ


私とにっしーの言い合い…


【ごめん】そういえば済むことなのに


これ以上AAAという


大事な、大切なグループに、


大きな傷を与えてしまいそうで…






本当はにっしーに会いたい…


なんて言ったら怒るかな…


なんて考えたりするけど、


そんな思いは捨てて、


私は、仕事へと向かった


仕事に行く途中


私は心の中でずっと
you
💭にっしー達に会えたことが奇跡なんだよ…
これ以上私のわがままなんかに付き合ってられないし、私の想いは、もう"無くそう"
そう、決めた


もう、にっしーへの好きは、忘れる


そんなことを考えるともう、職場


また長い仕事が始まる…


そして、職場に入ると
部長👨🏻‍💼)ちょっとあなたさん、
こっちに来てもらってもいいかな
部長にそう言われついて行くと
👨🏻‍💼)早速だけど、大きな仕事が入って、その仕事のリーダー?をあなたさんに任せようかなと思って
…‪……………


一瞬、耳がおかしくなったのかと思った


でも聞き間違いでもなく、


本当だった
返事は、もちろん
you
はい!よろしくお願いします!!!
👨🏻‍💼)これから、忙しくなると思うけど、
頑張れよ!!
そう言われ、


部屋を出て、


自分の席へ戻った



私の仕事は、


簡単に言うと、


ファッション系の仕事


でも、色んな種類の部があって、


服を書いて、作る部、


そして、服の丈などを測ったりする部


服の説明を書く部、


それから私のように


芸能人の方と関わり、


その方が着る服を


選び、着替えをさせて、


その服で撮影をする


という…‪





そんな大きな仕事が入った


だいたい部長に呼ばれる時は、


大物芸能人の方が多い


会える日はまだ先…


今回は誰かな…?





そして数日が経った
今日は、大物芸能人の方と


直接会って服を選ぶ日
まぁ、私達の方が下だから、


芸能人の方が来る一時間前から


席に着いていた


もちろん私だけでなくて、


私の職場からは


私を合わせて女性が3人。


私が選んだ優秀な後輩たち






そして、時間になった
そして、入ってきたのは、
日高光啓
日高光啓
失礼しまーす
you
!!!???
だっちゃんだった


もしかしたら!?


なんて思っていると、


だっちゃんと目が合い、


にっこりと笑ってくれた


そして、
日高光啓
日高光啓
えーと、SKY-HIです!
AAAとしても活動してます!
今回は、SKY-HIで…‪w‪w‪w
と、少し軽めの自己紹介をした


今回の仕事は、AAAじゃなくて、SKY-HI…


とっても心からほっとした自分がいた






そして、企画が始まった


簡単に言うと、


だっちゃんは、


セクシーな感じを出したいらしい、


そして、写真撮影の期間は、2日…


とっても短い間の仕事…


もちろん他にも色々することがあるけど、


私達の仕事は、トータル2日


そして、話し合いなど、


合計5日もしないくらい…


結構難しい…


そして、1日目の仕事が終わった
そして、帰る準備をしていたら、


㌧㌧


と肩をつつかれた


振り向くと、
you
だっちゃん…
日高光啓
日高光啓
おつかれ!
急だけど、今から飯行かない?
ご飯か…


こんなだっちゃんのメンバーに


失礼なことしたのに、


誘ってくれてる…


そう考えると、断るのが申し訳なくて、
you
うん、大丈夫だよ😄
と、答えた


そして、連れてこられたところは、


あのにっしーと、秀太くんと来た


鍋屋さん
you
💭…‪…まさかね‪w‪w
なんて思いながら、


一応だっちゃんに聞いてみた
you
ねぇ、今日って‪2人だけ、だよね?
すると、
日高光啓
日高光啓
うーん、どうだろ?
そう言って、
日高光啓
日高光啓
あ、そうそう、この前ね……………………
と話をそらすだっちゃん…


明らかにおかしいし、


もう、店の中にいる人はわかった…


絶対に【AAA】






これ以上にっしーといたら、


自分じゃなくなる…


おかしくなる…


だから、会いたくない…


だから、私は、
you
きょ、今日は、帰るね!
そう言って‪、逃げて、帰ろうとすると、
ガラガラガラ
と、ふすまが開く
目の前には
與真司郎
與真司郎
よ!
浦田直也
浦田直也
久しぶりー!
宇野実彩子
宇野実彩子
ほら、入って!
だから、私は、目で


だっちゃんに訴えた
you
(・_・) ジーッ
すると、
日高光啓
日高光啓
🙄
と目をそらすだっちゃん
すると、
末吉秀太
末吉秀太
ほら、定員さんが後ろにいるから‪w‪w
入って?
そう言われ、入り、後ろを振り返ると
定員さんの姿なんかない…
you
嘘つき!(  ー̀ н ー́ )
そう言うと
日高光啓
日高光啓
はい、ココ!!!
と無理やり座らされたのは


秀太くんとしんちゃんの間
💛    🧡    💚    💜


💗 ❤️ 💙
斜め前にはにっしーが…


とりあえず黙って下を向くと、
與真司郎
與真司郎
なんで最近連絡してこうへんの?
と、直球で聞かれる…
you
そ、それは、みんなもしてこないし…
そう言うと、
與真司郎
與真司郎
確かにそうやな!‪w‪w‪w‪w
と、何故か笑い出すしんちゃん…


そして、秀太を見ると、
末吉秀太
末吉秀太
📱
ゲーム中の秀太くん
いつの間にか


ずーっと見てたみたいで、
末吉秀太
末吉秀太
ん?する?
と聞いてくる…
you
い、いや、私ゲーム無理だから‪w‪w
見てる方が好きなの…
そう言うと、
末吉秀太
末吉秀太
マジ?するほうがいいじゃん!
you
ううん、しても負けるだけだし
末吉秀太
末吉秀太
勝った時の達成感やばいやん!
と、いつの間にか、言い合い‪w‪w‪w
そんなことをしていると、


いつの間にか鍋が来た
すると、
西島隆弘
西島隆弘
あなたちゃん、お、お皿。
と、私のお皿をあげると


鍋をついでくれるにっしー…


でも、何故か緊張気味きんちょうぎみ


その緊張が伝わり、


私まで…
you
あ、ありがとう…
そう言って、お皿を渡す


そのやり取りだけでも


緊張バクバク…
そして、鍋を食べてる時に、


ふと、しんちゃんを見ると


にっしーと、アイコンタクトをとって


にこにこしてる2人…
you
?????
頭にハテナを浮かせながらも


その隣を見ると


ゲームをしながら、食べる秀太くん
だから、私は、
you
秀太くん、ケータイ使いながら、食べないの!
そう注意すると、
末吉秀太
末吉秀太
あー待って、あと少しで終わる…
そう言って、


また使い出すケータイ
日高光啓
日高光啓
そいつ、言っても言う事聞かないよ?‪w‪w
と言われ、
you
はい終わり!
そう言って、スマホを取り上げる
そのケータイを


直也くんのところまで行って、渡す
すると、
4人
🧡💛💚💙
強ぇ
と感心する男子たち
そして、
宇野実彩子
宇野実彩子
これから取り上げたら、いいんだ!
と、つぶやく宇野ちゃん


そして、
末吉秀太
末吉秀太
うわぁーん!😭😭😭😭
と嘘泣きをする秀太くん
與真司郎
與真司郎
泣いてへんやろ!‪w‪w‪w
日高光啓
日高光啓
嘘泣きだー‪w‪w‪w
浦田直也
浦田直也
ご飯食べるまでケータイは預かります!
そう言うと、


次は、カバンから


スイッチを出す秀太くん
それを見ただっちゃんが
日高光啓
日高光啓
コイツ‪w‪w‪w‪w‪w
と笑い出す


いつの間にか心の底から楽しんでいた









帰り際、
西島隆弘
西島隆弘
あなたちゃん、
と呼ばれた


嫌な予感がした…


だから私は聞こえないふりをして


宇野ちゃんを呼んだ
you
宇野ちゃん!!
あの、これから話せる?
だって、何か言われそうで、


怖いってのもあるけど、


宇野ちゃんに失礼なこと言って、


謝りたいって言う理由もあったから…
それに


















































"私の好きって言う想いは、もう無くすから…"


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


また遅くなりました!!!


ごめんなさい!!!


そういえば、前の話♡14個で


めっちゃびっくりしました‪w‪w‪w


ほんとにありがとうございます!!!🙇🏻‍♀️


((他の話も♡押してくれたら嬉しいです!
なんて言ってみる…


これからもよろしくです!!


♡♡と☆お願いします!!