無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

292
2020/08/10

第44話

手紙✉️...
西島side 









今日は、ほんとはあなたと、


ピクニックをするつもりだった…
なのに、どうして?


さやかが死んだと聞かされて、


頭が追いつかなかった




それにピクニックなんて


浮かれてる暇がなかった


あなたには申し訳ないけど、


俺は、1人残して


急いで病院に向かった


病院に着いたら、

【👨🏻‍⚕️)西島さん、ですよね?】

と、医者から聞かれ、
西島隆弘
西島隆弘
はい、
と答えると、


【👨🏻‍⚕️)こちらへ、】

と、顔に布が被せている


さやかの元に連れていかれた
西島隆弘
西島隆弘
さや、か…ッ
西島隆弘
西島隆弘
なんで…
俺が答えるはずのない


さやかに聞くと、


【👨🏻‍⚕️)自殺…です、】

と、答える医者
西島隆弘
西島隆弘
なんで自殺なんか…ッ
そしたら、


俺にある一通の手紙を渡された


内容は、


信じられないものだった




ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

西くんへ


これを読んでるってことは


私は、もうその世界には


いないのかな‪w‪w



ほんとにごめんなさい。



でも自分を追い込まないで、


自分で決めたことなの…



ただ、あなたさんと西くんが


羨ましくて、


もっと早く、


西くんと、あなたさんが出会う前に


私が告白してたら、


私の人生は変わってたのかなって


それくらい


西くんのこと好きだったよ、



ってこんなふうに思い伝えられても


苦しいだけだろうけど、、、



私が死んだ理由、


それはね、


私が辛い時に


西くん彼女作ってるし、


一向に別れようとしないし、


でもそしたら、


あなたさんと別れたなんて言うから、


期待してたのに、


私の事裏切るから…‪w‪w‪w



でも、それくらい


あなたさんのこと好きなんだね、


幸せになってね、


さやかより
ーーーーーーーーーーーーーーーーー


と、俺を追い込んでるような、


守ってくれてるような、


なんとも言えない手紙だった



でも、衝撃が走ったのは、


手紙を2つ折りにしてる時、
西島隆弘
西島隆弘
こ、れ…
小さな文字でこう書いてあった


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


天国から必ず2人を呪ってやる…


呪う…

呪う…

呪う…
何が幸せだ、


こんなにも私は努力したのに、


絶対不幸にしてやる…


ーーーーーーーーーーーーーーーーー
西島隆弘
西島隆弘
ッ!!??
俺は、この時気がついた
西島隆弘
西島隆弘
……あなたッ


そして、
西島隆弘
西島隆弘
すみません、今日は帰ります、
また時間がある時に来ますので、


【👨🏻‍⚕️)はい、わかりました、
葬式の準備などはどうされますか?】

西島隆弘
西島隆弘
えっと…
まだ先のことがわからなくて…


【👨🏻‍⚕️)では、こちらで勝手に進めさせてもらっても…?】

西島隆弘
西島隆弘
あ、はい、お願いします…!
と、誤魔化して、


タクシーを捕まえ、


急いであなたのいる家へと向かった






この先どうなるのかも知らず…








ーーーーーーーーーーーーーーーーーー



短くてすみません!


少し手紙の内容も怖かったですよね?‪w‪w‪w


呪いませんので、ご安心を!!!!


♡と☆おねがいします!!!