第19話

逃げてるだけ、
西島side






俺は、ちゃんとあなたちゃんと話したかった…


あのままの別れ方が嫌だった


だから、俺は、みんなに言った
西島隆弘
西島隆弘
あのさ…今度あなたちゃん誘ってご飯行きたいな…?
そしたら、みんなは
與真司郎
與真司郎
全然ええよ!!
宇野実彩子
宇野実彩子
うん、楽しそうね
末吉秀太
末吉秀太
俺も大丈夫、
浦田直也
浦田直也
前行った鍋谷がいいね〜‪w‪w‪w
そんなことを話してると、


日高が
日高光啓
日高光啓
俺、今度あなたちゃんと
仕事あるんだけど?
誘おうか?
と、さりげなく言ってきた
詳しく聞くと


あなたちゃんは


ファッション系の仕事をしているという…


そこで日高に誘ってもらった










食事当日




とっても緊張していた


でも、今日きちんと話をしないと


もう、あなたちゃんが俺たちから


離れていきそうで


怖かった





だから、今日がチャンスだった





そして、あなたちゃんが来た


最初は、


食事したくなさそうな感じだった


だけど、少しずつ楽しそうな表情を見せていった


俺も話したかった


だけど、


なんて言って話せばいいのか


さっぱりわからなかった


だから、俺は話せずにいた





それから鍋が来て


チャンスだと思って


あなたちゃんのお皿を貰った


俺もあなたちゃんも緊張していた




そして、真司郎を見ると、


口パクで
與真司郎
與真司郎
いいやん!その調子!!((パクパク
と言ってきた


だから、俺も
西島隆弘
西島隆弘
うん!ありがとう!!((パクパク
と言って、


話していた







そして、帰る時間になった


すると、真司郎が
與真司郎
與真司郎
にっしー、頑張れや!!
と、言ってきた


それを聞いていたのか


日高まで
日高光啓
日高光啓
俺も、応援する‪w‪w‪w
あなたちゃんとの事聞いたよ?‪w‪w
もう、お前最悪なこと犯すなよ?‪w‪w
西島隆弘
西島隆弘
わかってるよ‪w‪w‪wもう!!
2人ともありがとう‪w‪w‪w
そして、俺はあなたちゃんを呼んだ
西島隆弘
西島隆弘
あなたちゃん、
そしたら、あなたちゃんには


聞こえてなかったみたいで、


宇野ちゃんのところに行って、


話し出した


そして、2人でどこかに行った…





俺は、唖然とした
西島隆弘
西島隆弘
…………………
そしたら、
與真司郎
與真司郎
ま、まぁ、聞こえなかっただけや、
また今度話せばええよ…
日高光啓
日高光啓
そうそう…
電話とか、LINEとか?
だから、俺は言ったんだ…
西島隆弘
西島隆弘
日高…
明日会ったら、あなたちゃんに、
俺が話したいことがあるって言っといて…
そして、俺は、


家に帰った










その日の夜は、なかなか寝れなかった…












あなたside






私は、宇野ちゃんを呼び、


緊張したけど話した
you
ご、ごめんね…
急に誘って…
そう言うと
宇野実彩子
宇野実彩子
ううん、大丈夫だよ😊
と、笑顔で言ってくれた
you
💭自分はあんなに酷いこと言ったのに…
まぁ、そういう所がファンに好かれるんだろうな…
なんて考え、


私は、しっかり自分の思いを言った
you
えっと、まず、宇野ちゃんに酷いこと言ってごめんなさい…
失礼なことばかり言って、自分勝手に帰って、それに
と言おうとすると、
宇野実彩子
宇野実彩子
大丈夫だって!‪w‪w‪w
もう大丈夫!
と笑顔で言ってくれた
you
………………
なんにも声が出なかった…
そして私は宇野ちゃんの前で


はっきり言ったんだ…
you
もう、にっしー達とは関わらないでおこうかなって思います…
宇野実彩子
宇野実彩子
……なんで?
you
だって、私のせいでこんな感じになってるし…
そもそもとAAAのメンバーのみんなと会えたことから奇跡だって言うのに…
私、欲張りすぎて…
宇野実彩子
宇野実彩子
じゃあ、にっしーのことは諦めるの?
you
…………ッ
そう聞かれた時に


言葉が詰まった






【好きじゃない…】


そういえばいいのに、


私はなんて欲張りなんだろうね…


【好きじゃない…】


そう言ってしまうと


本当にこの関係が、


全て無かったかのようになってしまいそうで、


怖くて、何も言えなかった…
だって、ほんとに恋をしてたんだから…
宇野実彩子
宇野実彩子
……どうなの?
でも、もう私は、決めたから…、


もう、私の想いは、無くすから


無くなるように頑張るから…


だから、もう、ここで誓う
you
うん、好きじゃないよ!😊
笑顔で言ってやった…


スッキリした


だけど、モヤモヤした気持ちの方が勝ってた







そんな私に宇野ちゃんは言ったんだ…
宇野実彩子
宇野実彩子
じゃあ、私がにっしーに思いを告げて、付き合ったとしても別にいいんだよね!?
ダメだよ、嫌だよ…、って言えなかった


だって、







もうこの関係は終わったから…
 






気がつくともう家…
もう全て終わり…


にっしーに出会う前と変わらない日常に戻る…







はずだった







翌朝SKY-HIの仕事で


日高くんに会わなくちゃいけない


そう考えると、


身体がだるく感じた


だけど、仕事だし、


ちゃんとすることはしないと…


そう思って


職場に重い足を運んだ



扉を開けると


もう、だっちゃんは来ていて


スタッフさんは誰一人としていない…
you
だっちゃん?
どうしたの?
日高光啓
日高光啓
んぁー?
なんだ、あなたちゃんか‪w‪w‪w‪w
you
なんだってなによ!‪w‪w‪w‪w
日高光啓
日高光啓
まぁまぁ、‪w‪w‪w‪w
you
で、どうしたの?こんな早い時間に…
日高光啓
日高光啓
いやぁ、早く目が覚めて‪w‪w‪w
you
そっか!‪w‪w‪w‪w
日高光啓
日高光啓
うん‪w‪w‪w
日高光啓
日高光啓
あ、そうそう昨日ね西島があなたちゃんと話したかったらしいけど、宇野ちゃんに取られたぁー、ってめっちゃ落ち込んでたよ?‪w‪w‪w‪w
you
そ、そうなの?‪w‪w‪w
後でLINEしてみるね!
と入ってみるものの、


実際LINEなんて開くことすらできないよ…


私は、もう決めたのに


なんで、落ち込んでたなんていうの?
もう、この関わらないんだよ…?








なんだかんだで仕事2日目が終わって、


一応にっしーにLINEをした
でも、
you
何から送れば…?
you
昨日は楽しかった!…?
それとも、
だっちゃんから話聞いて…?
そして、やっとで送ったLINEは
you
✉️急にごめんね。
今日だっちゃんから話聞いて…
昨日話したかったけど私が宇野ちゃん誘ってそのまま帰ったから…
ごめんなさい
大事な話だったら、電話とかしてね。
すると、すぐ既読が着いて


電話がかかってきた
西島隆弘
西島隆弘
📞もしもし…?
you
📞も、もしもし?
西島隆弘
西島隆弘
📞あの、話がしたくて…、
えっと…きょ、食事どう?
you
📞食事…、ちょっと今日の予定確認するね!
そう言って、切ろうとした時


にっしーは、こう言った
西島隆弘
西島隆弘
📞今日の7時半、
あの鍋屋で待ってる…プツッ
そう言って、電話は切れた
私は、もう決めてる、


行かない…行きたくない…


だって、また好きになるから…


また自分が苦しむだけだから、
you
自分が逃げてるだけじゃん…((ボソッ
でも、結局7時半になっても


私は、行かなかった


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


また遅くなりました‪w‪w‪w


前は、♡が15個でした!


ありがとうございます!!!🙇🏻‍♀️


また♡と、☆お願いします!!!